PubMed日本語 - マルチ要素電熱原子吸光スペクトロメトリによる大気の粒子状物質の導出、カドミウム、ヒ素とニッケルの同時決定のためのジルコニウム-イリジウム永続的な修飾因子の使用。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Application of zirconium-iridium permanent modifier for the simultaneous determination of lead, cadmium, arsenic, and nickel in atmospheric particulate matter by multi-element electrothermal atomic absorption spectrometry.

マルチ要素電熱原子吸光スペクトロメトリによる大気の粒子状物質の導出、カドミウム、ヒ素とニッケルの同時決定のためのジルコニウム-イリジウム永続的な修飾因子の使用。

Published date

2013-1-18

Journal

Environ Monit Assess. 2013;

Author

Iota N Pasias, Nu S Tauhomaidis, E B Bakeas, Epsilon A Piperaki

Affiliation

Laboratory of Analytical Chemistry, Department of Chemistry, University of Athens, Panepistimiopolis Zografou, 15771, Athens, Greece.

Abstract

A novel and robust method for the simultaneous determination of lead, cadmium, arsenic, and nickel in atmospheric particulate matter by multi-element electrothermal atomic absorption spectrometry was developed, using zirconium-iridium coating as permanent modifier (140 μg Zr and 4 μg Ir). After 300 atomization cycles, it was necessary to add 2 μg of Ir. Due to the varying concentrations of Pb in atmospheric particulate matter, lead was monitored at two wavelengths, at the less sensitive line of 261.4 nm for high concentration samples (>20 μg L(-1)) or at 283.3 nm for the low concentration samples. Matrix-matched calibration had to be performed for quantitative recoveries (96-102 %). Following this approach, the four elements were determined in atmospheric particulate matter samples from an industrial area near the city of Athens in two different time periods (cold-warm) with limits of detection of 5.5 ng m(-3) for Pb at 261.4 nm and 0.29 ng m(-3) at 283.3 nm, 0.019 ng m(-3) for Cd, 0.14 ng m(-3) for As, and 0.22 ng m(-3) for Ni. Lead, Cd, and As levels were very low, whereas Ni content was at comparable levels with other areas worldwide.

 

マルチ要素電熱原子吸光スペクトロメトリによる大気の粒子状物質の導出、カドミウム、ヒ素とニッケルの同時決定のための新しいおよび強力な方法は、永続的な修飾因子(140μgのZrと4μgのIr)として、ジルコニウム-イリジウム層を使用して開発された。
300の微粒化が循環したあと、2μgのIrを加えることが必要だった。
大気の粒子状物質のPbの様々な集中により、導出は2つの波長で、高濃度検体(>20μg L(-1))のための261.4ナノメートルのより少ない有感線で、または、低濃度検体のための283.3ナノメートルでモニターされた。
マトリックスがマッチした較正は、定量的回復(96-102%)のために行われなければならなかった。
このアプローチの後、4つの要素は、2つの異なる時間(冷たい暖かい)に、アテネ市の近くの工業地区から、261.4ナノメートルのPbと283.3ナノメートルの0.29ngのm(-3)のための5.5ngのm(-3)、Cdのための0.019ngのm(-3)、Asのための0.14ngのm(-3)とNiのための0.22ngのm(-3)の検出限界で、大気の粒子状物質検体で決定された。
導出、CdとAsレベルは非常に低かったが、Ni含有量は世界中に他の領域で相当するレベルであった。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x