医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Intermediate lobe immunoreactivity in a patient with suspected lymphocytic hypophysitis.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Intermediate lobe immunoreactivity in a patient with suspected lymphocytic hypophysitis.

リンパ球性下垂体炎が疑われる患者における中葉免疫活性。

Published date

Author

Casey Jo Anne Smith, Sophie Bensing, Vicki E Maltby, Mingdong Zhang, Rodney J Scott, Roger Smith, Olle Kämpe, Tomas Hökfelt, Patricia A Crock

Affiliation

Department of Paediatric Endocrinology and Diabetes, John Hunter Children's Hospital, New Lambton Heights, NSW, Australia.

Abstract

Lymphocytic hypophysitis is an organ-specific autoimmune disease characterised by destruction of pituitary hormone-secreting cells due to attack by self-reactive T lymphocytes. The spectrum of pituitary autoantibodies characterised by indirect immunofluorescence (IF) in these patients has not been substantially defined. The purpose of this study was to determine the spectrum of pituitary autoantibodies in 16 lymphocytic hypophysitis patients. Pituitary sections were prepared from guinea pigs and sera from 16 lymphocytic hypophysitis patients (13 biopsy proven and 3 suspected cases) and 13 healthy controls were evaluated for immunoreactivity to the pituitary tissue by immunofluorescence. A single patient was found to have high titre pituitary autoantibodies against guinea pig pituitary tissue. Immunoreactivity was directed against cells of the intermediate lobe. We present the case report of the patient who is a 24 year old woman that presented with headaches, polyuria and polydipsia. A uniformly enlarged pituitary mass was visible on MRI and a diagnosis of suspected lymphocytic hypophysitis was made. Based on our IF study, we postulate this patient has an autoimmune process directed towards the major cell type in the intermediate lobe, the melanotroph. Pre-adsorption with peptides representing adrenocorticotropic hormone, α-melanocyte stimulating hormone or β-endorphin did not affect the IF signal suggesting our patient's pituitary autoantibodies may target some other product of Proopiomelanocortin (POMC) processing, such as corticotrophin-like intermediate peptide or γ-lipoprotein. Alternatively, the autoantibodies may target a peptide completely unrelated to POMC processing.

 

リンパ球性下垂体炎は、自己反応性Tリンパ球によって発作により下垂体ホルモン分泌細胞の破壊によって特徴を描写される臓器特異的自己免疫疾患である。
これらの患者で間接免疫蛍光法(IF)によって特徴を描写される下垂体自己抗体のスペクトルは、実質的に定義されなかった。
本研究の目的は、16例のリンパ球性下垂体炎患者における下垂体自己抗体のスペクトルを決定することである。
下垂体断片は16例のリンパ球性下垂体炎患者(証明される13件の生検と3つの疑わしい症例)からモルモットと血清から準備された、そして、13人の健常対照者は免疫蛍光検査によって下垂体組織に免疫活性のために評価された。
独りの患者は、モルモット下垂体組織に対する高度な力価下垂体自己抗体を有することが見出された。
免疫活性は、中葉の細胞に向けられた。
我々は、頭痛、多尿と多飲を呈した24歳の女性である患者の症例報告を発表する。
一様に拡大した下垂体腫瘤はMRIで見えた、そして、疑わしいリンパ球性下垂体炎の診断はなされた。
我々のIF検査に基づいて、我々は、この患者が自己免疫プロセスを中葉(メラニン細胞刺激ホルモン産生細胞)で主要細胞型に向けておくと仮定する。
我々の患者の下垂体自己抗体がプロオピオメラノコルチン(POMC)処理(例えば副腎皮質刺激ホルモン様の中間のペプチドまたはγ-リポプロテイン)の若干の他の成果を目標とする可能性があることを示唆しているIF信号に、副腎皮質刺激ホルモン、α-メラニン細胞刺激ホルモンまたはβ-エンドルフィンを表しているペプチドによる前吸着は、影響を及ぼさなかった。
あるいは、自己抗体は完全にPOMC処理とは無関係なペプチドを目標とする可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x