医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Assessing the Cost Utility of Response-Guided Therapy in Patients with Chronic Hepatitis C Genotype 1 in the UK Using the MONARCH Model.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Assessing the Cost Utility of Response-Guided Therapy in Patients with Chronic Hepatitis C Genotype 1 in the UK Using the MONARCH Model.

君主モデルを使用している英国で慢性C型肝炎遺伝子型1を有する患者で反応を導かれた治療のコスト有用性を評価すること。

Published date

Author

Phil McEwan, Ray Kim, Yong Yuan

Affiliation

Centre for Health Economics, Swansea University, Swansea, Wales, UK, p.c.mcewan@swansea.ac.uk.

Abstract

BACKGROUND: European guidelines advocate the measurement of on-treatment hepatitis C virus (HCV) RNA in order to determine optimal therapy duration (response-guided therapy [RGT]) in patients with rapid virological response (RVR) or delayed virological response (DVR). Treatment response is highly dependent upon the extent of liver fibrosis yet there is little evidence quantifying the cost effectiveness of RGT particularly conditional upon fibrosis stage.

 

OBJECTIVE: This study describes an economic model designed to assess the costs and benefits of RGT compared with standard duration of therapy (SDT) in hepatitis C virus genotype 1 patients.

 

METHODS: A Markov cohort simulation model with lifetime perspective was developed to undertake a cost utility analysis of RGT in the UK. Patients entered the model at Metavir disease stages F0-F4, and progressed through these stages via age and duration of HCV infection-dependent transition probabilities. Treated patients were partitioned according to virological response and shortened or extended duration of therapy was applied following European guidelines.

 

RESULTS: For all patients, SDT and RGT was associated with an increase of 2.14 and 2.20 QALYs and £2,374 and £2,270 costs, respectively, compared with no treatment. Overall, RGT was a dominant scenario being associated with a lower risk of complications, increased QALYs (0.08) and cost saving (£101). RGT across fibrosis stages was either highly cost effective or dominant; in all cases RGT was associated with an increase in QALYs, driven by a reduction in complications in DVR subjects and reduced exposure to treatment disutility in RVR subjects; costs were lower in F1 and F2 fibrosis stages. At a willingness-to-pay threshold of £20,000 per QALY, overall RGT across fibrosis stages F2-F4 were associated with the highest probability of being cost effective. At this threshold, the probability of reduced/extended therapy in RVR/DVR patients being cost effective is 0.35 and 0.88, respectively.

 

CONCLUSIONS: This analysis suggests that the treatment of HCV genotype 1 patients in fibrosis stage F2 has the greatest potential for maximizing health benefit and cost saving within an RGT protocol. Predicting those patients most likely to respond to treatments is important from both a clinical and cost perspective and the tailoring of treatment duration with the current standard of care is likely to remain a priority for payers with budgetary constraints.

 

背景ヨーロッパのガイドラインは、急速なウイルス学的反応(RVR)または遅延したウイルス学的効果(DVR)を有する患者で最適治療期間(反応を導かれた治療[RGT])を決定するために、治療に関するC型肝炎ウイルス(HCV)RNAの測定を主唱する。
治療反応は肝線維症の範囲に非常に依存している、それでも、特に線維形成段階の次第のRGTの費用対効果を定量化しているほとんど証拠がない。
目的本研究は経費を算定するように設計された経済モデルを述べて、C型肝炎ウイルスゲノタイプで治療(SDT)の標準継続と比較して、RGTの1例の患者に有益である。
方法緊急救済の遠近法によるマルコフ・コホート・シミュレーション・モデルは、英国でRGTのコスト有用性分析を行うために開発された。
患者はMetavir疾患段階F0-F4でモデルに入って、年齢とHCV感染依存的な推移確率の期間を経てこれらの段階を経て進行した。
治療患者はウイルス学的効果によって分割された、そして、治療の短縮するか長期の継続はヨーロッパのガイドラインに従って適用された。
結果すべての患者では、SDTとRGTは、それぞれ2.14と2.20のQALYと£2,374と£2,270の経費の増加伴って、治療と比較されるというわけではなかった。
全体として、RGTは、合併症、増加したQALY (0.08)とコスト削減(£101)の低いリスクにかかわっている優位なシナリオであった。
線維形成ステージを渡ったRGTは、非常に費用効果的だったか、優位だった;すべての症例において、RGTはQALYの増加と関係していた。
そして、RVR被験者でDVR被験者と治療不便への減少した暴露で合併症の減少によってドライブされた;経費は、F1とF2線維形成段階により低かった。
QALY当たりの£20,000の賃金に対する意欲出発点で、線維形成段階F2F4の中の全体のRGTは、費用効果的な最高確率と関係していた。
この閾値で、費用効果的なRVR/DVR患者における減少した/拡張した治療の確率は、それぞれ0.35と0.88ある。
結論:この分析は、線維形成段階F2のHCV遺伝子型1患者の治療にはRGTプロトコルの範囲内で健康効果とコスト削減を最大にする最大の潜在能力があることを示唆する。
最も治療に反応しそうなそれらの患者を予測することは両方の臨床およびコストの観点から重要である、そして、治療の現在の標準による治療期間の仕立職は予算上の制約をもつ支払人のための優先権のままになりそうである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x