医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Glucocorticoid receptor expression in whole blood with preterm infants.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Glucocorticoid receptor expression in whole blood with preterm infants.

早産児と一緒の全血の糖質コルチコイドレセプター表現。

Published date

Author

Hayato Go, Maki Sato, Koichi Hashimoto, Takashi Imamura, Masatoshi Kaneko, Toshiko Sato, Aya Goto, Tsutomu Ishii, Naohisa Ishibashi, Nobuo Momoi, Keiya Fujimori, Mitsuaki Hosoya

Affiliation

Abstract

Abstract Background: Although glucocorticoid hormones play important roles in fetal development, the expression of their receptors in the whole blood of preterm infants remains unknown. Objectives: The aim of this study was to investigate the levels of glucocorticoid receptor (GR) α and β in the whole blood of preterm and term infants. Study design: The study group consisted of 131 infants, of which 54 (41%) were preterm. Whole blood from preterm and term infants was analyzed by real-time PCR to monitor the levels of each receptor mRNA. Results: GRβ mRNA were detected in 96.6% and GRα mRNA in 100% of participants. The GRα and GRβ isoforms were detected at a ratio of 1:0.0002. GRβ mRNA/GAPDH expression in preterm infants was significantly higher than that in term infants (p=0.002). There was significant correlation between GRα/GRβ ratio and birth weight in preterm infants (rs=0.317, p=0.019), as well as between GRβ/GAPDH expression and birth weight (rs=-0.296, p=0.030). Furthermore, in preterm infants, GRβ/GAPDH expression was higher in those with SGA than in those without SGA (p=0.022). Conclusion: Importantly, in preterm infants, both the expression of GRβ and the GRα/GRβ ratio were associated with birth weight. Further studies with larger populations are necessary to determine the relation between the expression of GR and the clinical relevance of preterm infants.

 

抽象的な背景:糖質コルチコイドホルモンが胎児の発育において重要な役割を果たすにもかかわらず、早産児の全血のそれらの受容体の表示はわかっていない。
目的本研究の目的は、未熟児と正期産児の全血で糖質コルチコイドレセプター(GR)αとβのレベルを調査することであった。
研究デザイン研究群は、131人の乳児(54(41%)は予定日前だった)から構成されていた。
未熟児と正期産児からの全血は、各受容体mRNAのレベルをモニターするために、リアルタイムPCRによって分析された。
結果GRβmRNAは、参加者の100%で、96.6%とGRαmRNAで検出された。
GRαとGRβアイソフォームは、1:0.0002の比率で検出された。
早産児のGRβmRNA/GAPDH表現は、正期産児(p=0.002)のそれより有意に高かった。
有意の相関が、早産児(rs=0.317、p=0.019)におけるGRα/GRβ比率と出生体重の間に、ならびにGRβ/GAPDH発現と出生体重(rs=-0.296、p=0.030)の間にあった。
さらにまた、早産児において、GRβ/GAPDH発現は、SGA(p=0.022)のないそれらでよりSGAを持つ人々で高かった。
結論重要なことに、早産児において、GRβの発現とGRα/GRβ比率は、出生体重と関係していた。
より大きな集団による更なる研究は、GRの発現と早産児の臨床関連の関係を決定するのに必要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x