PubMed日本語 - カンデサルタンとアムロジピンの比較の作用とバルサルタン、ロサルタン、テルミサルタンとオルメサルタンからカンデサルタンへ切り替える効果(早朝高血圧と心拍数の)。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Comparative effect of candesartan and amlodipine, and effect of switching from valsartan, losartan, telmisartan and olmesartan to candesartan, on early morning hypertension and heart rate.

カンデサルタンとアムロジピンの比較の作用とバルサルタン、ロサルタン、テルミサルタンとオルメサルタンからカンデサルタンへ切り替える効果(早朝高血圧と心拍数の)。

Published date

2013-1-18

Journal

Blood Press. 2013;

Author

Shinya Minatoguchi, Takuma Aoyama, Naoki Kawai, Mitsunori Iwasa, Masayuki Oda, Keiji Kida, Syojiro Kojima, Naomi Goto, Masahiro Goto, Fusayoshi Sugishita, Kuniyuki Takai, Ryuhei Tanaka, Keiji Hiei, Taro Minagawa, Noritaka Yamamoto, Ikuo Watanabe, Takao Yasue, Hiroshi Kobayashi

Affiliation

Department of Cardiology, Gifu University Graduate School of Medicine, Yanagido 1-1 , Gifu 5011194 , Japan.

Abstract

Early morning hypertension and a high heart rate are risk factors for cardiovascular disease. The DOHSAM study was designed to evaluate the effect of candesartan on early morning blood pressure (BP) and heart rate in hypertensives. We used a prospective, randomized, open-label design. Protocol 1: Patients with early morning BP more than 135/85 mmHg who were not on any antihypertensive drug or on candesartan were given amlodipine 2.5 mg/day (amlodipine group, n = 22) or added candesartan 4 mg/day (candesartan group, n = 36). Candesartan or amlodipine was added when BP did not fall lower than 135/85 mmHg. Protocol 2: Early morning hypertensives who were on other angiotensin receptor blockers (ARBs) (n = 50) such as valsartan, losartan, telmisartan and olmesartan were switched to candesartan. Early morning BP significantly decreased in the candesartan group compared with the amlodipine group 9 and 12 months after treatment. Switching other ARBs except for olmesartan to candesartan significantly decreased early morning systolic and diastolic BP 3, 6, 9 and 12 months after treatment. Heart rate in the office significantly decreased by switching to candesartan 6, 9 and 12 months after treatment. In conclusion, candesartan significantly decreased early morning hypertension more than amlodipine or other ARBs except olmesartan in early morning hypertensives.

 

早朝高血圧と高い心拍数は、心血管疾患の危険因子である。
DOHSAM検査は、高血圧患者でカンデサルタンの早朝血圧(血圧)と心拍数に対する影響を評価するようになっていた。
我々は、前向き無作為化、非盲検設計を使用した。
プロトコル1:少しの降圧剤によっても、または、カンデサルタンによってなかった早朝血圧135/85mmHg以上を有する患者は、アムロジピン2.5mg/日(アムロジピン群、n = 22)または添加カンデサルタン4mg/日(カンデサルタン群、n = 36)を与えられた。
血圧が135/85mmHg未満を落さなかったとき、カンデサルタンまたはアムロジピンは加えられた。
プロトコル2:バルサルタン、ロサルタン、テルミサルタンとオルメサルタンのような他のアンジオテンシン受容体遮断薬(ARBs)(n = 50)によっていた早朝高血圧患者は、カンデサルタンに切り替えられた。
早朝血圧は、治療の9と12ヵ月後に、アムロジピン群と比較してカンデサルタン群で有意に減少した。
カンデサルタンに対するオルメサルタン以外の切換他のARBsは、治療の3、6、9と12ヵ月後に、早朝収縮期および拡張期の血圧を有意に減少させた。
オフィスの心拍数は、治療の6、9と12ヵ月後にカンデサルタンへ切り替えることによって、有意に減少した。
結論として、カンデサルタンはアムロジピンまたは早朝高血圧患者におけるオルメサルタン以外の他のARBsより、早朝高血圧を有意に減少させた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x