医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Glutathione-S-transferase P1, early exposure to mould in relation to respiratory and allergic health outcomes in children from six birth cohorts. A meta-analysis.

グルタチオン-S-トランスフェラーゼP1、6つの出生コホートからの小児における呼吸およびアレルギーの健康結果に関する型への初期の露出。展望研究。

Published date

2013-01-18

Author

C G Tischer, A Gref, M Standl, M Bauer, A Bergström, M Brauer, C Carlsten, U Gehring, R Granell, J Henderson, M Kerkhof, M MacNutt, E Melén, M Wickman, J Heinrich

Affiliation

Helmholtz Centre Munich, German Research Centre for Environmental Health, Institute of Epidemiology I, Neuherberg, Germany. christina.tischer@helmholtzmuenchen.de

Abstract

BACKGROUND: There are conflicting study results regarding the association of exposure to visible mould and fungal components in house dust with respiratory and allergic diseases in children. It has been suggested that functional polymorphisms of the GSTP1 gene may influence the risk for allergic disorders through an impaired defence against oxidant injury.

 

METHODS: We examined in six birth cohorts of over 14 000 children whether the association between early exposure to reported mould at home in relation to respiratory and allergic diseases is modified by a single nucleotide polymorphism of the GSTP1 gene.

 

RESULTS: We observed a positive association of mould exposure with nasal symptoms (2-10 year) aOR: 1.19 (1.02-11.38). Further, there was a borderline significant increased risk of rhinoconjunctivitis (6-8 year) in children homozygous for the minor allele Val/Val, aOR: 1.25 (0.98-1.60). In stratified analyses, subjects homozygous for the minor allele and exposed to mould at home were at increased risk for early wheezing aOR: 1.34 (1.03-1.75), whereas the major allele may confer susceptibility for later nasal outcomes, (6-8 year) aOR: 1.20 (1.00-1.45) and (2-10 year) aOR: 1.30 (1.04-1.61), respectively. For none of the health outcomes studied, we found gene by environment interactions.

 

CONCLUSION: A genetic influence of the GSTP1 gene cannot be ruled out, but the magnitude of the effect is a matter of further research. In conclusion, the interplay between gene and environments is complex and remains subject of further study.

 

背景矛盾する研究結果が、小児で呼吸およびアレルギー性疾患で、ハウスダストの中に可視型と菌類の構成要素への暴露の関連に関してある。
GSTP1遺伝子の機能性多型がオキシダント損傷に対する障害のある防御を通してアレルギー性疾患のためにリスクに影響する可能性があることが示唆された。


方法我々は、自宅の呼吸およびアレルギー性疾患に関する既報告の型への初期の露出の間の関係がGSTP1遺伝子の一塩基変異多型によって修正されるかどうか、14人以上の000小児の6つの出生コホートで調べた。


結果我々は、鼻症状(2-10年)aORで、型暴露の正の関連を観察した:1.19(1.02-11.38)。
更に、鼻結膜炎(6-8年)の境界線上の有意のリスク増加が、未成年のアレルVal/ヴァル(aOR)のために、ホモ接合小児であった:1.25(0.98-1.60)。
層別解析において、軽度のアレルのためにホモ接合および自宅の型にさらされている被験者は、初期の喘鳴aORの危険が高かった:1.34(1.03-1.75)が、主要アレルは、後の鼻結果((6-8年)aOR)のために、感染性を与える可能性がある:1.20(1.00-1.45)と(2-10年)aOR:それぞれ1.30(1.04-1.61)。
検討される健康結果のいずれのためにでないも、我々は環境相互作用によって遺伝子を見つけた。


結論GSTP1遺伝子の遺伝子の影響は除外されることができない、しかし、効果の大きさは更なる研究の問題である。
結論として、遺伝子と環境の間の相互作用は、複雑で、更なる検査で従属するままである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x