医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Proteomics using mammospheres as a model system to identify proteins deregulated in breast cancer stem cells.

Published date

Proteomics using mammospheres as a model system to identify proteins deregulated in breast cancer stem cells.

乳癌で規制撤廃されるタンパク質を特定するモデル・システムとして乳房球体を使用しているプロテオミクスは、細胞を止める。

Published date

Journal

Curr Mol Med. 2013; 13; 459-63;

Author

G Li, F Zhao, Y Cui

Affiliation

7 Raoping Road, Shantou, Guangdong 515041, China. ycui27@gmail.com.

Abstract

Breast cancer stem cells (BCSC) exist within many types of breast cancers, functioning to initiate tumorigenesis and augment its progression. The protein profile associated with BCSC has yet to be extensively studied. Mammospheres have been widely employed as a model system to study BCSC. We used proteomics on the MCF-7 breast cancer cell line to compare protein expression in mammosphere-derived cells to that of parental monolayer cells. We identified 34 differentially expressed proteins, seven of which were overexpressed, with the remaining downregulated in mammosphere-derived cells. These differentially expressed proteins include those involved in cell metabolism such as GAPDH and fatty acid synthase, stress response proteins like Hsp27 and FKBP4, and signal transduction related proteins like GIPC1. The expression of breast cancer tumorigenesis and progression-promoting proteins GAPDH and FKBP4 were validated through western blotting. These two proteins are especially recognized for their role in breast cancer resistance to current chemotherapies. The data generated by mammosphere proteomics suggest that this system can identify novel targets for breast cancer stem cells and may provide insights into novel therapy of breast cancer.

 

乳癌幹細胞(BCSC)が多くの種類の乳癌の範囲内で存在する。
そして、腫瘍形成を開始して、その進行を増やすために機能する。
BCSCと関連したタンパク質プロフィールは、まだ広範囲に研究されていない。
Mammospheresは、BCSCを研究するモデル・システムとして、広く使用された。
我々は、親の単層細胞のそれに乳房球体から派生した細胞のタンパク質表現を比較するために、MCF-7乳癌細胞系の上でプロテオミクスを使用した。
我々は、34の差別的に表されたタンパク質(そのうちの7つは過剰発現した)を乳房球体から派生した細胞で下方制御されるままであることで特定した。
これらの差別的に表されたタンパク質はGAPDHと脂肪酸合成酵素のような細胞代謝に関係するそれらを含む、ストレス反応タンパク質はHsp27とFKBP4を好む、そして、シグナル伝達関連のタンパク質はGIPC1を好む。
乳癌腫瘍形成と進行促進タンパク質GAPDHの発現とFKBP4は、ウエスタンブロット法によって確認された。
これらの2つのタンパク質は、特に現在の化学療法に対する乳癌抵抗でのそれらの役割のために認められる。
乳房球体プロテオミクスによって発生するデータは、このシステムが乳癌幹細胞の新しい目標を特定することができて、乳癌の新しい治療に対する洞察を提供する可能性があることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x