医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Long-term associations between cholinesterase inhibitors and memantine use and health outcomes among patients with Alzheimer's disease.

コリンエステラーゼ抑制因子とメマンチン使用の間の長期の関係とアルツハイマー病患者の間の健康結果。

Published date

2013-01-17

Author

Carolyn W Zhu, Elayne E Livote, Nikolaos Scarmeas, Marilyn Albert, Jason Brandt, Deborah Blacker, Mary Sano, Yaakov Stern

Affiliation

Department of Geriatrics & Palliative Medicine, Mount Sinai School of Medicine, New York, NY, USA. Electronic address: carolyn.zhu@mssm.edu.

Abstract

OBJECTIVES: To examine in an observational study (1) relationships between cholinesterase inhibitors (ChEI) and memantine use, and functional and cognitive end points and mortality in patients with Alzheimer's disease (AD); (2) relationships between other patient characteristics and these clinical end points; and (3) whether effects of the predictors change across time.

 

METHODS: The authors conducted a multicenter, natural history study that included three university-based AD centers in the United States. A total of 201 patients diagnosed with probable AD with modified Mini-Mental State Examination (MMSE) scores ≥ 30 at study entry were monitored annually for 6 years. Discrete-time hazard analyses were used to examine relationships between ChEI and memantine use during the previous 6 months reported at each assessment, and time to cognitive (MMSE score ≤ 10) and functional (Blessed Dementia Rating Scale score ≥ 10) end points and mortality. Analyses controlled for clinical characteristics, including baseline cognition, function, and comorbid conditions, and presence of extrapyramidal signs and psychiatric symptoms at each assessment interval. Demographic characteristics included baseline age, sex, education, and living arrangement at each assessment interval.

 

RESULTS: ChEI use was associated with delayed time in reaching the functional end point and death. Memantine use was associated with delayed time to death. Different patient characteristics were associated with different clinical end points.

 

CONCLUSIONS: Results suggest long-term beneficial effects of ChEI and memantine use on patient outcomes. As for all observational cohort studies, observed relationships should not be interpreted as causal effects.

 

目的観察研究(1)コリンエステラーゼ抑制因子(ChEI)とメマンチン使用の関係とAlzheimer病患者における点と死亡率が病気にかからせる(AD)、機能的および認識終了で検査すること; (2) 他の患者特性とこれらの臨床エンドポイントの関係;そして、(3)予測因子の効果が時間全体で変化するかどうかにかかわらず。


方法著者は、3つの大学ベースのADセンターを米国に含んだ、マルチセンター、自然な既往歴検査を行った。
試験登録時に修飾されたミニ-精神状態検査(MMSE)スコア≥30で見込みがあるADとともに診断される合計201例の患者は、毎年6年をモニターされた。
ChEIと各評価で報告される以前の6ヵ月の間のメマンチン使用の関係と認識および(MMSEは、≤10を記録する)機能的な(神聖な痴呆検査スコア≥10)エンドポイントと死亡率の時間を調べるのに、別々の時間危険分析は用いられた。
臨床的特徴のために制御される分析法、試験開始時の認識、機能と共存症を含むことと各評価間隔の錐体外路徴候と精神症状の存在。
人口統計学的特性は、各評価間隔でベースライン年齢、性、教育と生活配置を含んだ。


結果ChEI使用は、機能的なエンドポイントと死亡に達する際に、遅延時間と関係していた。
メマンチン使用は、死亡に遅延時間と関係していた。
異なる患者特性は、異なる臨床エンドポイントと関係していた。


結論:結果は、患者結果に関してChEIとメマンチン使用の長期の薬効を暗示する。
すべての観察的なコホート研究に関しては、観察された関係が、原因の効果と解釈されなければならないというわけではない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x