医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Improved co-production of S-adenosylmethionine and glutathione using citrate as an auxiliary energy substrate.

Published date 2012 Dec 17

Improved co-production of S-adenosylmethionine and glutathione using citrate as an auxiliary energy substrate.

補助エネルギー基質としてクエン酸塩を使用しているS‐アデノシルメチオニンとグルタチオンの改善された共同制作。

Published date

2012-12-17

Author

Yulei Wang, Dahui Wang, Gongyuan Wei, Chengfu Wang

Affiliation

School of Biology and Basic Medical Sciences, Soochow University, Suzhou 215123, China.

Abstract

The effects of sodium citrate on the fermentative co-production of S-adenosylmethionine (SAM) and glutathione (GSH) using Candida utilis CCTCC M 209298 were investigated. Sodium citrate was beneficial for the biosynthesis of SAM and GSH and in turn improved intracellular SAM and GSH contents. Adding 2 g/L of sodium citrate at 15 h was the most efficient approach for achieving elevated co-production of SAM and GSH. Using this sodium citrate addition mode, co-production of SAM and GSH reached 663.9 mg/L, which was increased by 27.5% compared to the control. Based on analysis of the kinetic parameters, evaluation of the energy metabolism and assay of key enzymes, sodium citrate was verified to act as an auxiliary energy substrate for the overproduction of SAM and GSH.

 

S‐アデノシルメチオニン(SAM)の発酵性の共同制作に関するクエン酸ナトリウムの効果とCandida utilis CCTCC M 209298を使用しているグルタチオン(GSH)は、調査された。
クエン酸ナトリウムはSAMとGSHの生合成のために有益で、次々に細胞内SAMとGSH内容を改善した。
15時間にクエン酸ナトリウムの2g/Lを加えることは、SAMとGSHの高い共同制作を成し遂げるために最も効果的なアプローチであった。
このクエン酸ナトリウム付加様式を使用して、SAMとGSHの共同制作は、663.9mg/L(制御と比較して27.5%増加した)に達した。
動態パラメータの分析、エネルギー代謝の評価と鍵酵素の分析中で拠点を置いて、クエン酸ナトリウムは、SAMとGSHの生産過剰のための補助エネルギー基質として作用するために検査された。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x