医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Molecular Cloning, Purification and Functional Implications of Recombinant GST Tagged hGMCSF Cytokine.

Published date 2013 Jan 20

Molecular Cloning, Purification and Functional Implications of Recombinant GST Tagged hGMCSF Cytokine.

分子クローニング、精製と組換えGSTの機能性意味は、hGMCSFサイトカインにタグを付けた。

Published date

2013-1-20

Journal

Appl Biochem Biotechnol. 2013;

Author

Nidhi Chaubey, Siddhartha Sankar Ghosh

Affiliation

Department of Biotechnology, Indian Institute of Technology Guwahati, Guwahati 39, Assam, India.

Abstract

We report the cloning, purification and cell proliferative activity of a novel recombinant GST tagged human granulocyte macrophage colony stimulating factor (GST-hGMCSF). The hGMCSF gene was PCR amplified from the cDNA of ACHN renal carcinoma cells and was cloned into the bacterial expression vector. The GST-hGMCSF was purified to homogeneity using glutathione agarose affinity chromatography and subsequently characterized by Western blot, circular dichroism (CD) and MALDI TOF-TOF analysis. Homology modelling studies revealed the possible binding domains of the recombinant cytokine with cognate receptor. The proliferation of THP-1, Raw 264.7, MCF-7 and U87MG cells upon GST-hGMCSF addition was found to be dose dependent. Hence, this functionally active recombinant cytokine has potential application in cancer therapy for stimulating facile growth recovery of normal cell population.

 

我々は、クローン化、精製と新しい組換えGSTの細胞増殖活動が人間の顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GST-hGMCSF)にタグを付けたと報告する。
hGMCSF遺伝子はACHN腎癌細胞のcDNAから増幅されるPCRで、細菌性発現ベクターにクローンをつくられた。
GST-hGMCSFはグルタチオン・アガロース・アフィニティークロマトグラフィーを用いた均一性に浄化されて、ウエスタンブロット、円二色性(CD)とMALDI TOF-TOF分析によってその後特徴づけられた。
研究をモデル化している相同は、同族の受容体で組換えサイトカインの可能性がある結合領域を明かした。
GST-hGMCSF相加のTHP-1、Raw 264.7、MCF-7とU87MG細胞の激増が、用量依存的であるとわかった。
それ故、この機能的に有効な組換えサイトカインには、正常な細胞集団の安易な成長回復を促進するために、癌治療で潜在的アプリケーションがある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x