医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Trends in Prescription and Determinants of Persistence to Antihypertensive Therapy : The PAPEETE Study.

Published date 2013 Jan 3

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Trends in Prescription and Determinants of Persistence to Antihypertensive Therapy : The PAPEETE Study.

処方箋における傾向と降圧治療に対する固執の決定要素:PAPEETEは研究する。

Published date

2013-01-03

Author

Francesco Vittorio Costa, Luca Degli Esposti, Carlo Cerra, Chiara Veronesi, Stefano Buda

Affiliation

Madre Fortunata Toniolo Hospital, Bologna, Italy.

Abstract

OBJECTIVES: To assess trends in prescriptions, determinants and timing of treatment discontinuation and/or changes in antihypertensive drug therapy in a cohort of hypertensive patients living in Pavia, a city in the north of Italy.

 

METHODS: The cohort included 61 493 patients aged ≥18 years who received their first antihypertensive drug prescription (monotherapy, fixed or extemporaneous combination) during the period 2003-6. Patients were classified as 'persistent' if 12 months after the beginning of treatment they were still taking a regular therapy (same drug = 'same therapy users', added one or more drugs = 'add-on therapy users', different drug = 'switchers'). Otherwise, they were classified as 'non-persistent' (stopping therapy after the first prescription = 'occasional users'; stopping treatment early = 'stoppers'; taking medicines in an erratic fashion = 'intermittent users').

 

RESULTS: ACE inhibitors were the most frequently prescribed drugs (22.8%), followed by β-adrenoceptor antagonists (β-blockers) [14.3%], diuretics (13.9%), Ca(2+) antagonists (11.4%) and angiotensin II type 1 receptor antagonists (angiotensin receptor blockers [ARBs]) [9.3%]. After 12 months, persistent patients were only 11.2% (same therapy users 6.7%, switchers 3.2%, add-on therapy users 1.3%). Non-persistent patients were 88.8% (35.3% occasional users, 20.6% stoppers, 32.8% intermittent users). Patient-related predictors of persistence were older age, male sex, concomitant treatment with antidiabetic and hypolipidaemic drugs and previous hospitalizations for cardiovascular events. Highest level of persistence was seen in patients starting with ARBs (18.8%), followed by ACE inhibitors (11.4%), β-blockers (11.0%), Ca(2+) antagonists (10.8%) and diuretics (3.0%). Among ARBs, considering separately monotherapy and fixed-combination therapy, highest level of persistence was observed in patients starting with candesartan, irbesartan, valsartan and telmisartan given in monotherapy, and with valsartan and telmisartan given in fixed-dose combination.

 

CONCLUSIONS: Persistence to antihypertensive treatment at 12 months is only 11.2%, being the lowest with diuretics (3.0%) and the highest with ARBs (18.8%).

 

目的パビア(イタリアの北部の都市)で生きている高血圧性の患者のコホートで処方、決定要素と治療中断および/または抗高血圧性薬物療法における変更のタイミングにおける傾向を評価すること。


方法コホートは、期間2003-6の間にそれらの第1の降圧剤処方(単独療法、一定または即座の組合せ)を受け取った≥18年の61 493例の患者を含んだ。
治療の始まりの12か月後に彼らが定期的な治療(同じ薬=『同じ治療使用者』、付加的なものまたはより多くは、=『付加治療使用者』(異なる薬=『スイッチャ』)を麻痺させる)をまだしていると、患者は『持続的な』分類された。
さもなければ、彼らは『非永続型である』(第1の処方=『随時の使用者』の後治療を止めること; =『ストッパー』前半治療を止めること;不規則なファッションの薬剤に=『間欠的な使用者』を持っていくこと)と分類された。


結果ACE阻害薬は最もしばしば処方薬(22.8%)であった。
そして、β-アドレナリン受容体アンタゴニスト(β-遮断薬)[14.3%](利尿薬(13.9%)、Ca(2+)アンタゴニスト(11.4%)とアンジオテンシンII 1型受容体拮抗剤(アンジオテンシン受容体遮断薬[ARBs])[9.3%])が続いた。
12ヵ月の後、持続的な患者は、わずか11.2%(同じ治療使用者6.7%、スイッチャ3.2%、付加治療使用者1.3%)であった。
持続性のない患者は、88.8%(35.3%の随時の使用者、20.6%のストッパー、32.8%の間欠的な使用者)であった。
固執の患者関連の予測因子は、高齢、男性、抗糖尿病薬とhypolipidaemic薬による付随する治療と心血管イベントのための以前の入院であった。
固執の最高レベルはARBs(18.8%)から始めている患者の中に認められた。
そして、ACE阻害薬(11.4%)(β-遮断薬(11.0%)、Ca(2+)アンタゴニスト(10.8%)と利尿薬(3.0%))が続いた。
ARBsの間で、別に単独療法と固定した組合せ治療を考慮して、固執の最高レベルは、単独療法で、そして、一定用量の組合せで与えられるバルサルタンとテルミサルタンで与えられるカンデサルタン、イルベサルタン、バルサルタンとテルミサルタンから始めている患者で観察された。


結論:12ヵ月の降圧治療に対する固執はわずか11.2%である。
そして、ARBs(18.8%)で利尿薬(3.0%)と最高のもので最も低い。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x