医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Paricalcitol effects on activities and metabolism of Platelet Activating Factor and on inflammatory cytokines in hemodialysis patients.

Platelet Activating Factorの活動と代謝に関する、そして、血液透析患者における炎症性サイトカインのパリカルシトール効果。

Published date

Author

Sophia N Verouti, Alexandros B Tsoupras, Fotini Alevizopoulou, Constantinos A Demopoulos, Christos Iatrou

Affiliation

Faculty of Chemistry, National & Kapodistrian University of Athens, Panepistimioupolis, Athens - Greece.

Abstract

Purpose: Paricalcitol improves the inflammatory status of hemodialysis patients. PAF is a strong inflammatory mediator which is produced during hemodialysis. We studied the effects of paricalcitol on PAF and other inflammatory mediators implicated in chronic kidney disease (CKD).
Methods: We examined the in vitro effects of paricalcitol on PAF/thrombin-induced aggregation as well as on the activities of PAF-basic metabolic enzymes, lyso-PAF acetyltransferase (Lyso-PAF-AT), DTT-insensitive CDP-choline: 1-alkyl-2-acetyl-sn-glycerol cholinephospho-transferase (PAF-CPT) and PAF-acetylhydrolase (PAF-AH) in blood cells from healthy volunteers.
In addition, the in vivo effects of paricalcitol on the above these enzymes were examined in plasma and blood cells of hemodialysis patients who had not received any type of vitamin D treatment during the last three months before and after receiving paricalcitol for a month. Finally, IL-12p70, IL-1β, IL-6, IL-8 and TNF-α were measured.
Results: Paricalcitol inhibited in vitro PAF/thrombin-induced platelet aggregation and the inhibitory effect was comparable with that of PAF/thrombin antagonists. In addition, paricalcitol inhibited in vitro PAF-CPT activity in platelets and leukocytes and increased PAF-AH activity in 
leukocytes, while much higher concentrations of paricalcitol were needed to inhibit Lyso-PAF-AT 
activity.
Similarly, in hemodialysis patients, paricalcitol treatment reduced PAF-CPT activity in platelets and leukocytes and increased PAF-AH activity in leukocytes, while it could not influence Lyso-PAF-AT activity. On the other hand, paricalcitol therapy reduced IL-8, IL-1b, and TNF-α. 
Conclusions: These results further support the beneficial effects of vitamin D treatment in hemodialysis patients, since it strongly affects PAF/thrombin activities, PAF-metabolism, and IL-8, IL-1b and TNF-α circulating levels.

 

目的:パリカルシトールは、血液透析患者の炎症性の地位を改善する。
PAFは、血液透析の間、生じる強い炎症伝達物質である。
我々は、慢性腎疾患(CKD)に関係するPAFと他の炎症伝達物質の上でパリカルシトールの作用を研究した。
方法我々は、PAF基本的な代謝的な酵素、lysoPAFアセチルトランスフェラーゼ(Lyso-PAF-AT)、DTTに無感覚なCDPコリンの活動に関してと同様にPAF/トロンビンによって誘発された寄せ集めに関してパリカルシトールの生体外作用を調べた:健常ボランティアからの血球の1-アルキル-2-アセチル-sn-グリセロールcholinephosphoトランスフェラーゼ(PAF-CPT)とPAF-アセチルヒドラーゼ(PAF-AH)。
加えて、これらの酵素がそうであった上記の上のパリカルシトールの生体内での作用は、血液透析患者の血漿と血球で、誰が1ヵ月パリカルシトールを受けることの前後に最後の3ヵ月の間に少しのタイプのビタミンD治療も受けなかったかについて調べた。
最後に、IL-12p70、IL-1β、IL-6、IL-8とTNF-αは、測定された。
結果パリカルシトールは生体外PAF/トロンビンによって誘発された血小板凝集を阻害した、そして、抑制効果はPAF/トロンビン・アンタゴニストのそれと同等だった。
加えて、パリカルシトールの非常により高い濃度がLyso-PAF-AT
活性を阻害するために必要な間、パリカルシトールは血小板と白血球で生体外PAF-CPT活動を阻害して、
白血球でPAF-AH活性を増加させた。
同様に、血液透析患者において、それがLyso-PAF-AT活性に影響することができない間、パリカルシトール治療は血小板と白血球でPAF-CPT活動を減らして、白血球でPAF-AH活性を増加させた。
一方では、パリカルシトール治療は、IL-8、IL-1bとTNF-αを低下させた。
結論:それがPAF/トロンビン活動、PAF-代謝とIL-8に強く影響を及ぼす時から、これらの結果はビタミンD治療の薬効を血液透析患者で更にサポートする。
そして、IL-1bとTNF-αがレベルを回す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x