医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Robot-assisted partial nephrectomy in contemporary practice.

Published date 2013 Jan 11

Robot-assisted partial nephrectomy in contemporary practice.

現代の診療のロボットによって援助された腎部分摘除術。

Published date

2013-01-11

Author

Youssef S Tanagho, Sam B Bhayani, Robert S Figenshau

Affiliation

Division of Urologic Surgery, Washington University School of Medicine St. Louis, MO, USA.

Abstract

Laparoscopic renal surgery is associated with reduced blood loss, shorter hospital stay, enhanced cosmesis, and more rapid convalescence relative to open renal surgery. Laparoscopic partial nephrectomy (LPN) is a minimally invasive, nephron-sparing alternative to laparoscopic radical nephrectomy (RN) for the management of small renal masses. While offering similar oncological outcomes to laparoscopic RN, the technical challenges and prolonged learning curve associated with LPN limit its wider dissemination. Robot-assisted partial nephrectomy (RAPN), although still an evolving procedure with no long-term data, has emerged as a viable alternative to LPN, with favorable preliminary outcomes. This article provides an overview of the role of RAPN in the management of renal cell carcinoma. The clinical indications and principles of surgical technique for this procedure are discussed. The oncological, renal functional, and perioperative outcomes of RAPN are also evaluated, as are complication rates.

 

腹腔鏡下腎臓手術は、開腹腎臓手術と関連して減少した失血、より短い病院滞在、強化された美容術とより急速回復期と関係している。
腹腔鏡下腎部分摘除術(LPN)は、小さい腎腫瘤の処置のための腹腔鏡下根治的腎切除(RN)の微小浸潤性、ネフロン保存の代替物である。
腹腔鏡RNに類似の腫瘍学的結果を提供している間、LPNと関連した専門のチャレンジと長期間にわたる学習曲線はそのより広い普及を制限する。
長期のデータなしで進化している処置を鎮めるにもかかわらず、良好な予備結果で、ロボットによって援助された腎部分摘除術(RAPN)はLPNに対する現実的代案として現れた。
本論文は、腎細胞癌の処置で、RAPNの役割の概要を提供する。
この処置のための手術手技の臨床徴候と原則は、検討される。
RAPNの腫瘍学的、腎臓機能的および、術中結果も評価される。
そして、そのことは合併症率である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x