PubMed日本語 - 差別的に表された遺伝子の分析とアルコール依存患者におけるマイクロRNA 肝疾患。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Analysis of differentially expressed genes and microRNAs in alcoholic liver disease.

Published date 2013 Jan 15

Analysis of differentially expressed genes and microRNAs in alcoholic liver disease.

差別的に表された遺伝子の分析とアルコール依存患者におけるマイクロRNA 肝疾患。

Published date

2013-01-15

Author

Ying Liu, Shao-Hua Chen, Xi Jin, You-Ming Li

Affiliation

Department of Gastroenterology, Heilongjiang Province Hospital, Harbin, Heilongjiang 150036, PR China.

Abstract

The purpose of this study was to screen differentially expressed genes and microRNAs in order to find a new target for the accurate diagnosis and effective therapy of alcoholic liver disease (ALD) at the gene and microRNA levels. The total RNA of liver tissues was extracted from four groups of patients, ten subjects each. Microarrays were utilized to detect differentially expressed genes and microRNAs. According to gene values, significance levels and false discovery rate with a random variance model, gene ontology (GO) and the Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes (KEGG) database, node genes and key microRNAs in networks were obtained and analyzed. A total of 878 differentially expressed genes and 26 microRNAs were found. In co-expression genetic networks, node genes modulating the network were Acyl-coenzyme A synthetase-3 (ACSF3), Frizzled-5 (FZD5), LOC727987 and C1orf222. In microRNA-gene networks, the key microRNAs were hsa-miR-570, hsa-miR-122, hsa-miR-34b, hsa-miR-29c, hsa-miR-922 and hsa-miR-185, which negatively regulated approximately 79 downstream target genes. In the course of ALD, we found 4 differentially expressed node genes and analyzed ACSF3 and FZD5. ACSF3 was significantly upregulated, and was involved in fatty acid and lipid metabolism and accelerated liver injury. These two genes were involved in fatty acids and lipid metabolism. FZD5 was downregulated and reduced the synthesis of membrane transport protein in the hepatic membrane and the membrane stability, and accelerated the liver cell apoptosis process. Six key microRNAs regulated numerous biological functions such as the immune response, the inflammatory response and glutathione metabolism. This finding provides valuable insight into the diagnosis and treatment of ALD.

 

本研究の目的は、差別的に表された遺伝子をスクリーニングすることになっていた、そして、 正確な診断のためのおよび有効な新しい目標を見つけるためにマイクロRNA 遺伝子とマイクロRNAレベルのアルコール性肝臓疾患(ALD)の治療。
肝臓組織の全RNAは、4つの患者群(10人の被験者)から引き抜かれた 各々。
マイクロアレイは、差別的に表された遺伝子とマイクロRNAを検出するために利用された。
aによる遺伝子値、有意水準と間違った発見率によって 遺伝子のランダムな相違モデル、遺伝子存在論(GO)と京都百科事典 そして、ネットワークのゲノム(KEGG)データベース、リンパ節遺伝子とキー・マイクロRNAは、得られた そして、分析される。
合計878は遺伝子を差別的に表した、そして、26のマイクロRNAはそうであった 見つかる。
同時発現遺伝子のネットワークでは、ネットワークを調整しているリンパ節遺伝子は、そうであった アシルCoA合成酵素-3(ACSF3)、Frizzled-5(FZD5)、LOC727987とC1orf222。
マイクロRNA-遺伝子ネットワークでは、キー・マイクロRNAは、hsa-miR-570、hsa-miR-122、hsa-miR-34bであった、 hsa-miR-29c、hsa-miR-922とhsa-miR-185(それはほぼ負に統制した) 79の下流の標的遺伝子。
ALDの経過で、我々は差別的に4が表されるのを発見した リンパ節遺伝子と分析されたACSF3とFZD5。
ACSF3は、有意に上方制御された、そして、 脂肪酸と脂質代謝に関係していて、肝臓損傷を加速した。
これらの2つの遺伝子は、脂肪酸と脂質代謝に関係していた。
FZD5は下方制御された そして、肝膜で膜輸送蛋白質の合成を減らした そして、膜安定性、そして、肝細胞アポプトーシス・プロセスを加速した。
6つのキー・マイクロRNAは、免疫応答のような多数の生物学的機能を調整した、 炎症反応とグルタチオン代謝。
この発見は、貴重品を提供する 診断に対する洞察とALDの治療。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x