医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Peripartum cardiomyopathy: experience in an Asian tertiary centre.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Peripartum cardiomyopathy: experience in an Asian tertiary centre.

産褥性心筋症:アジアの第三期の中心の経験。

Published date

Journal

Singapore Med J. 2013; 54; 24-7;

Author

C P Lim, K L Sim

Affiliation

National Heart Centre Singapore, 17 Third Hospital Avenue, Singapore 168752. lim.choon.pin@nhcs.com.sg.

Abstract

Introduction: Peripartum cardiomyopathy (PPCM) is a rare but life-threatening condition. We report 11 patients admitted to the National Heart Centre Singapore with a diagnosis of PPCM over a period of 14 months. Methods: Baseline demographics, pregnancy history, haematology, serum biochemistry and echocardiographic findings of women admitted with a diagnosis of PPCM were analysed. Results: The incidence of PPCM was 0.89 per 1,000 live births in our cohort. 63.6% of the patients were Malay and 27.3% were Chinese. 45.5% of the patients were smokers and 45.5% had a history of pregnancy-induced hypertension or preeclampsia. There was no maternal mortality. Mean left ventricular ejection fractions at diagnosis and at six months were 26.9% ± 9.1% and 51.9% ± 10.6%, respectively. Mean left ventricular internal diameters in end-diastole at diagnosis and at six months were 5.5 ± 0.5 cm and 5.1 ± 0.6 cm, respectively. All patients were treated successfully for the acute episode and all but one patient had returned to New York Heart Association functional class I status at six months. Conclusion: PPCM remains a rare condition and appears to occur more commonly in Malay patients. Smoking and pregnancy-induced hypertension appear to be significant risk factors. While short-term outcome remains excellent, collaborative studies with other tertiary centres will help enhance our understanding of the long-term management of and clinical outcomes in these patients.

 

序論産褥性心筋症(PPCM)は、まれであるが、致命的な状態である。
我々は、14ヵ月間にわたってPPCMの診断でナショナルHeartセンター・シンガポールに入るのを許可される11例の患者を報告する。
方法ベースライン実態的人口統計学、妊娠史、血液学、血清生化学とPPCMの診断で入院する女性の心エコー調査結果は、分析された。
結果PPCMの発生率は、我々のコホートの1,000の出生当たりの0.89であった。
患者の63.6%はマレー語であった、そして、27.3%は中国人であった。
患者の45.5%は喫煙者であった、そして、45.5%には妊娠誘発子血圧または子癇前症の既往歴があった。
母性死亡率がなかった。
それぞれ、診断の、そして、6ヵ月の平均左室駆出率は、26.9%±9.1%と51.9%±10.6%であった。
それぞれ、診断時の拡張終期の、そして、6ヵ月の平均左室体内の直径は、5.5±0.5cmと5.1±0.6cmであった。
すべての患者はうまく急性発症の治療を受けた、そして、一人の患者以外はは6ヵ月にニューヨーク心臓協会機能的なクラスIステータスに戻った。
結論PPCMはまれな状態のままで、より一般にマレー半島の患者に起こるように見える。
喫煙と妊娠誘発子血圧は、有意な危険因子であるように見える。
短期結果が優秀なままの間、他の第三期の中心による共同調査はこれらの患者の長期の管理とそれの臨床転帰の我々の理解を強化するのを助ける。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x