医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Protective role of silymarin against manganese-induced nephrotoxicity and oxidative stress in rat.

Published date 2013 Jan 22

Protective role of silymarin against manganese-induced nephrotoxicity and oxidative stress in rat.

マンガンによって誘発された腎毒性に対するsilymarinの保護役割とラットにおける酸化ストレス。

Published date

2013-01-22

Author

Yassine Chtourou, El mouldi Garoui, Tahia Boudawara, Najiba Zeghal

Affiliation

Department of Life Sciences, Animal Physiology Laboratory, UR/08-73, University of Sfax, Faculty of Sciences, BP 1171, 3000 Sfax, Tunisia.

Abstract

Metal toxicity may occur after exposure from many sources. Oxidative stress is thought to be involved in manganese-induced toxicity and leads to various health disorders. Silymarin (SIL), a natural flavonoid, has been reported to have many benefits and medicinal properties. The aim of this study was to assess the toxicity of manganese (Mn) on oxidative stress and DNA damage in the kidney of rats and its alleviation by SIL. Manganese was given orally in drinking water (20 mg MnCl2 /mL) with or without SIL administration (100 mg /kg intraperitoneally) for 30 days. Our data showed that SIL significantly prevented Mn induced nephrotoxicity, indicated by both diagnostic indicators of kidney injury like plasma urea, uric acid and creatinine and urinary electrolyte levels and by histopathological analysis. Moreover, Mn-induced profound elevation of the production of reactive oxygen species (ROS) and altered the levels of oxidative stress related biomarkers in kidney tissue. This is evidenced by the increase of lipid peroxidation, protein carbonylation, DNA fragmentation and urinary hydrogen peroxide, while, the activities of enzymatic antioxidant and glutathione level were decreased. Treatment with SIL reduced the alterations in the renal and urine markers, decreasing lipid peroxidation markers, increasing the antioxidant cascade and decreasing the Mn-induced damage. All these changes were supported by histopathological observations. These findings suggested that the inhibition of Mn-induced damage by SIL was due at least in part to its antioxidant activity and its capacity to modulate the oxidative damage.

 

金属毒性は、多くのソースから暴露の後起こる場合がある。
酸化ストレスは、さまざまな健康障害にマンガンによって誘発された毒性と導出に関与していると考えられる。
Silymarin(SIL)(天然フラボノイド)は、多くの有益性と薬効成分を持つことが報告された。
本研究の目的は、SILによってラットとその緩和の腎臓で、酸化ストレスとDNA損傷に関してマンガン(Mn)の毒性を評価することになっていた。
マンガンは、30日の間SIL当局(腹膜内に100mg/kg)の有無にかかわらず、飲料水(20mgのMnCl2/mL)の中で経口投与された。
我々のデータはSILがMnによって誘発された腎毒性を有意に予防することを示した。
そして、血漿尿素、尿酸とクレアチニンの様な腎臓損傷の診断指標と尿電解質レベルによって、そして、組織病理学的分析によって示された。
さらに、活性酸素種(ROS)の産生の深い上昇をMn誘発して、腎臓組織で酸化ストレス関連の生物マーカーのレベルを変えた。
これは、脂質過酸化、タンパク質カルボニル化、DNA断片化と尿過酸化水素の増加によって明示される、酵素の抗酸化剤の活動とグルタチオン・レベルは、低下した。
SILによる治療は腎臓および尿標識で変更を減らした。
そして、脂質過酸化標識を減少させて、抗酸化剤カスケードを増加させて、Mnによって誘発された損傷を減少させた。
すべてのこれらの変化は、組織病理観察で支えられた。
これらの所見は、SILによるMnによって誘発された損傷の抑制が酸化性損傷を変化させるその抗酸化剤活性とその能力に一つには少なくとも予定されることを示唆した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x