医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Obesity-Related Hypertension and the Role of Insulin and Leptin in High-Fat-Fed Rabbits.

Published date 2013 Jan 21

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Obesity-Related Hypertension and the Role of Insulin and Leptin in High-Fat-Fed Rabbits.

肥満関連の高血圧と高い-脂肪で育てられたウサギにおけるインシュリンとレプチンの役割。

Published date

2013-1-21

Journal

Hypertension. 2013;

Author

Kyungjoon Lim, Sandra L Burke, Geoffrey A Head

Affiliation

Neuropharmacology Laboratory, Baker IDI Heart and Diabetes Institute, Melbourne, Australia.

Abstract

Feeding a high-fat diet (HFD) to rabbits results in increased blood pressure and renal sympathetic nerve activity (RSNA) and marked increases in plasma leptin and insulin. We determined the contribution of insulin and leptin signaling in the central nervous system to the increased blood pressure and RSNA during a HFD using specific antagonists. New Zealand White rabbits were implanted with an intracerebroventricular (ICV) catheter and RSNA electrode and placed on a normal or 13.5% HFD for 1 or 3 weeks. Blood pressure, heart rate, and RSNA were recorded before and for 90 minutes after ICV administration of a leptin antagonist (100 µg), insulin antagonist (0.5 U), or vehicle (50 µL) on separate days. Rabbits had higher blood pressure (+8%, +17%) and RSNA (+55%, +71%), at 1 and 3 weeks, respectively, of HFD compared with controls (n=7-11). ICV leptin antagonist reduced blood pressure by 9% and RSNA by 17% (P<0.001) after 3 weeks of HFD but had no effect at week 1. ICV administration of the insulin antagonist reduced blood pressure by ≈5% at both times (P<0.05) but there was no effect on RSNA. Leptin and insulin antagonist doses were confirmed to effectively block the pressor responses to ICV leptin and insulin, respectively. The elevation of blood pressure and RSNA induced by a HFD is predominantly mediated by central actions of leptin. Central actions of insulin contribute a smaller proportion of the hypertension but independently of RSNA.

 

ウサギに高脂肪食(HFD)を与えることは、血圧亢進と腎交感神経活動(RSNA)に帰着して、血漿レプチンとインシュリンの増加を記録した。
我々は、特異的拮抗薬を使用しているHFDの間、血圧亢進とRSNAに中枢神経系で信号を送っているインシュリンとレプチンの貢献を決めた。
ニュージーランド・ホワイト・ウサギは側脳室内(ICV)カテーテルとRSNA電極で入れられて、1または3週の間、正常または13.5%のHFDに配置された。
血圧、心拍数とRSNAは、別々の日に、レプチン・アンタゴニスト(100のµg)、インスリン阻害物質(0.5U)または媒体(50のµL)のICV投与の90分後以前に、そして、それの間記録された。
ウサギは、対照(n=7-11)と比較して、高値の血圧(+8%、+17%)と、それぞれ1と3週、HFDのRSNA(+55%、+71%)があった。
ICVレプチン・アンタゴニストには9%による血圧と3週のHFDの後の17%(P < 0.001)によるRSNAを低下させたが、週1に効果がなかった。
インスリン阻害物質のICV当局は両方の時間(P < 0.05)に≈5%血圧を減らした、しかし、効果がRSNAになかった。
レプチンとインスリン阻害物質用量は、効果的に、それぞれ、ICVレプチンとインシュリンに対する昇圧反応を妨げるために確認された。
血圧上昇とHFDによって誘発されるRSNAは、レプチンの中枢作用によって、主に媒介される。
インシュリンの中枢作用は、高血圧の、しかし、それぞれにRSNAのより少ない比率に寄与する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x