医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Nephroprotective Effect of Jaggery against Acute and Subchronic Toxicity of Acetaminophen in Wistar Rats.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Nephroprotective Effect of Jaggery against Acute and Subchronic Toxicity of Acetaminophen in Wistar Rats.

ウィスターラットの急性および亜慢性アセトアミノフェン毒性に対するジャッガリーのNephroprotective効果。

Published date

Journal

J Environ Pathol Toxicol Oncol. 2012; 31; 265-72;

Author

Chandra Kant Sharma, Vinay Sharma

Affiliation

Department of Bioscience and Biotechnology, Banasthali University, Banasthali, Rajasthan, India-304022.

Abstract

The present investigation was planned to evaluate the nephroprotective activity of jaggery against acetaminophen (APAP)-induced renal damage in rats. The protective activity of jaggery at different doses (250, 500, and 750 mg/kg, orally) was evaluated against oxidative damage induced by APAP administration (2 g/kg, once orally in acute exposure; 20 mg/kg, orally for 21 days in subchronic exposure) in rats. APAP administration significantly increased the levels of serum urea, creatinine, and renal lipid peroxidation (LPO), whereas substantial decreases were observed in levels of glutathione (GSH), adenosine triphosphatase (ATPase), superoxide dismutase (SOD), catalase (CAT), glutathione reductase (GR), and glutathione peroxidase (GPx) enzymatic activities after APAP administration. Administration of jaggery significantly moved the studied parameters toward normal levels and also reversed the histopathologic alterations. Thus, jaggery can be used to reduce renal damage and may serve as an alternative medicine in the treatment of renal etiologies.

 

現在の調査は、ラットでアセトアミノフェン(APAP)-によって誘発された腎障害に対してジャッガリーの腎保護活動を評価する計画だった。
異なる用量(250、500と750mg/kg、経口的に)のジャッガリーの保護活動は、APAP当局によって誘発される酸化性損傷に対して評価された(2g/kg、経口的に深刻な暴露の一度;20mg/kg(経口的に亜慢性暴露の21日間の))ラットで。
APAP当局は血清尿素、クレアチニンと腎臓脂質過酸化(LPO)のレベルを有意に上昇させたが、相当な減少はAPAP投与の後グルタチオン(GSH)、アデノシントリホスファターゼ(ATPアーゼ)、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、カタラーゼ(CAT)、グルタチオン還元酵素(GR)とグルタチオンペルオキシダーゼ(GPx)酵素活性のレベルで観察された。
ジャッガリーの投与は、有意に正常レベルの方へ周到なパラメータを移動して、更に組織病理学的変更を逆転させた。
このように、ジャッガリーは腎障害を減らすのに用いられることができて、腎臓病因の処置の代替医療として用いられる可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x