医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Self-sustained carbon monoxide oxidation oscillations on size-selected platinum nanoparticles at atmospheric pressure.

気圧の大きさを選択されたプラチナ・ナノ粒子の自立した一酸化炭素酸化振動。

Published date

2013-01-22

Author

Robert Jensen, Thomas Andersen, Anders Nierhoff, Thomas Pedersen, Ole Hansen, Søren Dahl, Ib Chorkendorff

Affiliation

CINF, Department of Physics, Technical University of Denmark, Fysikvej 312, 2800 Lyngby, Denmark.

Abstract

High-quality mass spectrometry data of the oscillatory behavior of CO oxidation on SiO(2) supported Pt-nanoparticles at atmospheric pressure have been acquired as a function of pressure, coverage, gas composition and nanoparticle size. The oscillations are self-sustained for several days at constant temperature, pressure and CO/O(2) ratio. The frequency of the oscillations is very well defined and increases over time. The oscillation frequency is furthermore strongly temperature dependent with increasing temperature resulting in increasing frequency. A plausible mechanism for the oscillations is proposed based on an oxidation-reduction cycle of the nanoparticles which change the rate of CO oxidation on the particles.

 

気圧のSiO(2)サポートされたPt-ナノ粒子のCO酸化の振動反応の高品質の質量分析データは、圧力、範囲、気体組成とナノ粒子サイズの機能として後天性だった。
振動は、常温、圧力とCO/O(2)比率で数日間自立している。
振動の頻度は、非常に明確で、時間とともに増加する。
振動頻度は、強くさらに、周波数を増加させることに帰着している体温を上昇させることで従属する体温である。
振動のための妥当と思われる機序は、粒子の上でCO酸化の率を変えるナノ粒子の酸化還元サイクルに基づいて提案される。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x