PubMed日本語 - シロリムス溶出ステントと裸の金属ステントの間の再狭窄の新生内膜の組織特徴描写の差異:ステント内再狭窄のための統合化後方散乱血管内超音波分析法。―QLifePro医療翻訳医療翻訳 QLifePro

医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Differences in tissue characterization of restenotic neointima between sirolimus-eluting stent and bare-metal stent: integrated backscatter intravascular ultrasound analysis for in-stent restenosis.

シロリムス溶出ステントと裸の金属ステントの間の再狭窄の新生内膜の組織特徴描写の差異:ステント内再狭窄のための統合化後方散乱血管内超音波分析法。

Published date

2013-01-22

Author

Hirohiko Ando, Tetsuya Amano, Hiroaki Takashima, Kazuhiro Harada, Katsuhide Kitagawa, Akihiro Suzuki, Ayako Kunimura, Yusaku Shimbo, Ken Harada, Tomohiro Yoshida, Bunichi Kato, Tadayuki Uetani, Masataka Kato, Tatsuaki Matsubara, Soichiro Kumagai, Daiji Yoshikawa, Satoshi Isobe, Hideki Ishii, Toyoaki Murohara

Affiliation

Department of Cardiology, Aichi Medical University, Aichi, Japan.

Abstract

AIMS: The pathogenesis of in-stent restenosis (ISR) after drug-eluting stent (DES) implantation remains unclear. The purpose of this study is to analyse tissue characterizations of neointima in restenosis lesions after sirolimus-eluting stent (SES), comparing with those after bare metal stent (BMS) using integrated backscatter intravascular ultrasound (IB-IVUS).

 

METHODS AND RESULTS: A total of 54 consecutive patients who had ISR lesions after SES (n = 20) or BMS (n = 34) implantation were enrolled. For tissue characterization of neointima, IB-IVUS was performed by cross-sectional (at the minimum lumen area) and volumetric (within the stented segment) analyses. In addition, angiographic patterns of restenosis were evaluated with division into focal and diffuse. The focal angiographic pattern of restenosis was predominantly observed in the SES group (SES vs. BMS; 80.0 vs. 26.5%; P = 0.0001), whereas the diffuse pattern was more common in the BMS group (SES vs. BMS; 20.0 vs. 73.5%; P = 0.0001). On both cross-sectional and volumetric IB-IVUS analyses, the neointimal tissue in restenosis lesions after SES implantation had a significantly larger percentage of lipid tissue (cross-sectional: 23.3 ± 12.7 vs. 15.7 ± 11.9%; P = 0.033; volumetric: 22.8 ± 10.4 vs. 16.3 ± 7.0%; P = 0.008) and a significantly smaller percentage of fibrous tissue compared with that after BMS implantation (cross-sectional: 73.6 ± 11.6 vs. 82.0 ± 11.2%; P = 0.011, volumetric: 73.8 ± 9.5 vs. 80.5 ± 6.7%; P = 0.004).

 

CONCLUSION: This IB-IVUS study indicates that larger amounts of lipid tissue are present in neointima of SES when compared with BMS, suggesting that neoatherosclerosis may in part be responsible for ISR after SES implantation.

 

目的:薬物溶出ステント(DES)埋め込みの後のステント内再狭窄(ISR)の病因は、不明なままである。
本研究の目的はシロリムス溶出ステント(SES)の後で再狭窄病変で新生内膜の組織特徴描写を分析することである。
そして、統合した後方散乱血管内超音波(IB-IVUS)を使用しているわずかな金属ステント(BMS)の後それらに匹敵する。


方法と結果:SES(n = 20)またはBMS(n = 34)埋め込みの後ISR病変が認められた合計54人の連続した患者は、登録された。
新生内膜の組織特徴描写のために、IB-IVUSは、断面および(最小限のルーメンの面積で)容積測定(伸ばされたセグメントの中で)分析によって実行された。
加えて、再狭窄の血管造影パターンは、限局的および広汎性ものへの分割で評価された。
再狭窄の限局的な血管造影パターンはSES群(SES対BMS; 80.0対26.5%; P = 0.0001)で主に観察されたが、広汎性パターンはBMS群(SES対BMS; 20.0対73.5%; P = 0.0001)でより一般的だった。
断面および容積測定IB-IVUS分析に関して、SES埋め込みの後の再狭窄病変の新生内膜組織は、脂質組織(断面:23.3±12.7対15.7±11.9%; P = 0.033;容積測定:22.8±10.4対16.3±7.0%; P = 0.008)の有意により大きいパーセンテージと線維組織の有意により少ないパーセンテージをBMS埋め込み(断面:73.6±11.6対82.0±11.2%; P = 0.011(容積測定):73.8±9.5対80.5±6.7%; P = 0.004)の後それと比較しておいた。


結論このIB-IVUS検査はBMSと比較してあるとき、より大きい量の脂質組織がSESの新生内膜に存在することを示す。
そして、新アテローム硬化がSES埋め込みの後部分的にISRの原因となる場合があることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x