医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Metabolite profiles in the anterior cingulate cortex of depressed patients differentiate those taking N-acetyl-cysteine versus placebo.

Published date 2013 Jan 22

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Metabolite profiles in the anterior cingulate cortex of depressed patients differentiate those taking N-acetyl-cysteine versus placebo.

うつ病患者の前帯状束皮質の代謝物プロフィールは、N-アセチルシステイン対プラセボを服用している人々を区別する。

Published date

2013-1-22

Journal

Aust N Z J Psychiatry. 2013;

Author

Pritha Das, Michelle Tanious, Kristina Fritz, Seetal Dodd, Olivia M Dean, Michael Berk, Gin S Malhi

Affiliation

1Discipline of Psychiatry, Sydney Medical School, University of Sydney, Australia.

Abstract

Background:Increased oxidative stress is thought to contribute to the pathophysiology of major depressive disorder (MDD), which is in part due to diminished levels of glutathione, the primary anti-oxidant of the brain. Oral administration of N-acetyl-cysteine (NAC) replenishes glutathione and has therefore been shown to reduce depressive symptoms. Proton magnetic spectroscopy ((1)H-MRS) that allows quantification of brain metabolites pertinent to both MDD and oxidative biology may provide some novel insights into the neurobiological effects of NAC, and in particular metabolite concentrations within the anterior cingulate cortex (ACC) are likely to be important given the key role of this region in the regulation of affect.Objective:The aim of this study was to determine whether the metabolite profile of the ACC in MDD patients predicts treatment with adjunctive NAC versus placebo.Methods:This study was nested within a multicentre, randomized, double-blind, placebo-controlled study of MDD participants treated with adjunctive NAC. Participants (n = 76) from one site completed the spectroscopy component at the end of treatment (12 weeks). Spectra from a single-voxel in the ACC were acquired and absolute concentrations of glutamate (Glu), glutamate-glutamine (Glx), N-acetyl-aspartate (NAA) and myo-inositol (mI) were obtained. Binary logistic regression analysis was performed to determine whether metabolite profiles could predict NAC versus placebo group membership.Results:When predicting group outcome (NAC or placebo), Glx, NAA and mI were a significant model, and had 75% accuracy, while controlling for depression severity and sex. However, the Glu, NAA and mI profile was only predictive at a trend level, with 68.3% accuracy. For both models, the log of the odds of a participant being in the NAC group was positively related to NAA, Glx and Glu levels and negatively related to mI levels.Conclusion:The finding of higher Glx and NAA levels being predictive of the NAC group provides preliminary support for the putative anti-oxidative role of NAC in MDD.

 

背景:Increased酸化ストレスは大うつ病性障害(MDD)の病態生理学に関与すると考えられる。
そして、それはグルタチオン(脳の初期抗酸化剤)の減弱するレベルに一部起因する。
N-アセチルシステイン(NAC)の経口投与は、グルタチオンを補充して、従って、抑うつ症状を減らすことが示された。
MDDと酸化性生物学に関連する脳代謝物の定量化を許す陽子磁気分光学((1)H-MRS)は、NACの神経生物学効果に対するいくらかの新しい洞察を提供する可能性がある、そして、特に、前帯状束皮質(ACC)の範囲内の代謝物濃度は、affect.Objectiveの規則でこの領域の鍵となる役割を与えられて重要になりそうである:本研究の目的は、MDD患者における農業金融公社の代謝物プロフィールが付属のNAC対placebo.Methodsで治療を予測するかどうか決定することになっていた:This検査は、付属のNACで治療されるMDD参加者の多中心性、無作為二重盲検プラセボ対照研究の範囲内でネスト状だった。
1つの部位からの参加者(n = 76)は、治療(12週)終了後、分光学構成要素を完成した。
ACCの単一ボクセルから範囲は後天性だった、そして、グルタミン酸塩(Glu)、グルタミン酸塩グルタミン(Glx)、N-アセチル-アスパラギン酸塩(NAA)とミオイノシトール(mI)の絶対の濃度は得られた。
バイナリのロジスティック回帰分析は、代謝物プロフィールがNAC対プラセボ群membership.Resultsを予測することができたかどうか決定するために行われた:鬱病のために重症度と性を制御している間、群結果(NACまたはプラセボ)、Glx、NAAとmIが有意のモデルで、75%の精度を持ったと予測しているWhen。
しかしながら、68.3%の精度で、Glu、NAAとmIプロフィールは傾向レベルで予測するだけだった。
両方のモデルのために、NAC群の中にいる参加者の確率のログは、NAA、GlxとGluレベルに明らかに関連があって、負にmI levels.Conclusionに関するものだった:群がMDDでNACの推定の抗酸化性役割の予備サポートに提供するNACを予測するより高いGlxとNAAレベルを見つけること。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x