医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Serum cystatin C is a major predictor of vancomycin clearance in a population pharmacokinetic analysis of patients with normal serum creatinine concentrations.

血清シスタチンCは、正常な血清クレアチニン値を有する患者の集団薬物動態学的分析のバンコマイシン・クリアランスの主要予測手段である。

Published date

2013-01-08

Author

Jae-Yong Chung, Sung-Joon Jin, Ji-Hyun Yoon, Young-Goo Song

Affiliation

Department of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Seoul National University College of Medicine and Bundang Hospital, Seongnam, Korea.

Abstract

We developed a population pharmacokinetic model of vancomycin by integrating the effects of cystatin C and other demographic factors in a large population of Korean patients with normal serum creatinine concentrations to elucidate the precise role of serum cystatin C concentrations in the prediction of vancomycin clearance. A population pharmacokinetic model of vancomycin was developed using NONMEM software from a total of 1,373 vancomycin concentration measurements in 678 patients whose serum creatinine concentrations were lower than 1.2 mg/dL. Covariate selection revealed that cystatin C was the most influential factor and had negative influence ((-0.78)) in the relationship. Total body weight, sex, age, and serum creatinine were also significantly correlated with the clearance. The estimated intersubject variabilities of clearance and volume of distribution were 24.7% and 25.1%, respectively. A 14-fold difference in predicted trough concentrations was observed according to only cystatin C concentrations in a population of simulated individuals with median demographic characteristics. The use of serum cystatin C as marker of vancomycin clearance for more accurate predictions of serum vancomycin concentrations could be useful, particularly among patients with normal serum creatinine concentrations.

 

バンコマイシン・クリアランスの予測で血清シスタチンC濃度の正確な役割を説明するために正常な血清クレアチニン値を有する韓国の患者の大規模集団でシスタチンCと他の人口統計学的要因の効果を集積することによって、我々はバンコマイシンの集団薬物動態学的モデルを開発した。
バンコマイシンの集団薬物動態学的モデルは、血清クレアチニン値が1.2mg/dL未満であった678例の患者で合計1,373のバンコマイシン集中測定からNONMEMソフトウェアを使用して開発された。
共変動選択で、シスタチンCには最も影響力のある因子で、関係で陰性影響((-0.78))があることが分かった。
総体重、性、年齢と血清クレアチニンは、クリアランスとも有意に相関していた。
それぞれ、クリアランスと分布容積量の推定された患者間の変動性は、24.7%と25.1%であった。
予測されたトラフ濃度の14倍の差は、人口統計学的特性の中央値で扮された個人の集団で、シスタチンC濃度だけによって観察された。
特に正常な血清クレアチニン値を有する患者の間で、血清バンコマイシン濃度のより正確な予測のためのバンコマイシン・クリアランスの標識としての血清シスタチンCの使用は、役立つことがありえた。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x