医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Inter-annual variations of methane emission from an open fen on the qinghai-tibetan plateau: a three-year study.

Published date 2013 Jan 14

Inter-annual variations of methane emission from an open fen on the qinghai-tibetan plateau: a three-year study.

qinghai-チベット綾織りのプラトーに関する開放的な沼地からのメタン放出物のインター一年のバリエーション:3年の検査。

Published date

2013-01-14

Author

Huai Chen, Ning Wu, Yanfen Wang, Dan Zhu, Qiu'an Zhu, Gang Yang, Yongheng Gao, Xiuqin Fang, Xu Wang, Changhui Peng

Affiliation

Chengdu Institute of Biology, Chinese Academy of Sciences, Chengdu, China ; Lab for Ecological forecasting and global change, College of Forestry, Northwest A&F University, Yangling, China.

Abstract

The study aimed to understand the inter-annual variations of methane (CH(4)) emissions from an open fen on the Qinghai-Tibetan Plateau (QTP) from 2005 to 2007. The weighted mean CH(4) emission rate was 8.37±11.32 mg CH(4) m(-2 )h(-1) during the summers from 2005 to 2007, falling in the range of CH(4) fluxes reported by other studies, with significant inter-annual and spatial variations. The CH(4) emissions of the year of 2006 (2.11±3.48 mg CH(4) m(-2 )h(-1)) were 82% lower than the mean value of the years 2005 and 2007 (13.91±17.80 mg CH(4) m(-2 )h(-1) and 9.44±14.32 mg CH(4) m(-2 )h(-1), respectively), responding to the inter-annual changes of standing water depths during the growing season of the three years. Significant drawdown of standing water depth is believed to cause such significant reduction in CH(4) emissions from wetlands in the year 2006, probably through changing the methanogen composition and decreasing its community size as well as activating methanotrophs to enhance CH(4) oxidation. Our results are helpful to understand the inter-annual variations of CH(4) emission and provide a more reasonable regional budget of CH(4) emission from wetlands on the QTP and even for world-wide natural wetlands under climate change.

 

本研究は、2005年から2007年まで青海チベットのPlateau(QTP)の上で開放的な沼地からのメタン(CH(4))放出物のインター一年のバリエーションを理解することを意図した。
加重平均CH(4)排出率は、有意のインター一年および空間変動による2005から、他の研究によって報告されるCH(4)異常流出の範囲に落ちて、2007への夏の間の8.37±11.32mgのCH(4) m(-2)h(-1)であった。
2006(2.11±3.48mgのCH(4) m(-2)h(-1))でその年のCH(4)排出は年2005と2007(それぞれ13.91±17.80mgのCH(4) m(-2)h(-1)と9.44±14.32mgのCH(4) m(-2)h(-1))の平均値より82%低かった。
そして、3年の成長する時期の間に立っている水深のインター一年の変更に応じた。
おそらくメタン生成菌組成を変えて、その地域社会の大きさを減少させてならびにCH(4)酸化を強化するためにmethanotrophsを活性化することを通して、立っている水深の有意の縮小は、2006年に湿地からのCH(4)放出物のそのような有意の減少が起きると考えられている。
我々の結果は、CH(4)排出のインター一年のバリエーションを理解して、QTPの上の湿地から、そして、気候変動の下の世界的な自然湿地のためにさえCH(4)排出のより合理的な局所の予算を提供するために有効である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x