医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Association of glutathione S transferases polymorphisms with glaucoma: a meta-analysis.

Published date 2013 Jan 14

Association of glutathione S transferases polymorphisms with glaucoma: a meta-analysis.

緑内障にかかったグルタチオンSトランスフェラーゼ多型連合:展望研究。

Published date

2013-01-14

Author

Yibo Yu, Yu Weng, Jing Guo, Guangdi Chen, Ke Yao

Affiliation

Eye Center of the 2 Affiliated Hospital, Zhejiang University School of Medicine, Hangzhou, China.

Abstract

BACKGROUND: Glutathione S transferase (GST) polymorphisms have been considered risk factors for the development of glaucoma, including primary open angle glaucoma (POAG) and other types of glaucoma. However, the results remain controversial. In this study, we have conducted a meta-analysis to assess the association between polymorphisms of GSTM1, GSTT1 and GSTP1 and glaucoma risk.

 

METHODS: Published literature from PubMed and other databases were retrieved. All studies evaluating the association between GSTM1, GSTT1 and GSTP1 polymorphisms and glaucoma risk were included. Pooled odds ratio (OR) and 95% confidence interval (CI) were calculated using random- or fixed-effects model.

 

RESULTS: Twelve studies on GSTM1 (1109 cases and 844 controls), ten studies on GSTT1 (709 cases and 664 controls) and four studies on GSTP1 (543 cases and 511 controls) were included. By pooling all the studies, either GSTM1 or GSTT1 null polymorphism was not associated with a POAG risk, and this negative association maintained in Caucasian. The GSTP1 Ile 105 Val polymorphism was significantly correlated with increased POAG risk among Caucasian in a recessive model (Val/Val vs. Ile/Ile+Ile/Val: OR, 1.62, 95%CI: 1.00-2.61). Interestingly, increased glaucoma risk was associated with the combined GSTM1 and GSTT1 null genotypes (OR, 2.20; 95% CI, 1.47-3.31), and with the combined GSTM1 null and GSTP1 Val genotypes (OR, 1.86; 95% CI, 1.15-3.01).

 

CONCLUSIONS: This meta-analysis suggests that combinations of GST polymorphisms are associated with glaucoma risk. Given the limited sample size, the associations between single GST polymorphism and glaucoma risk await further investigation.

 

背景グルタチオンSトランスフェラーゼ(GST)多型は、緑内障(原発性開放隅角緑内障(POAG)と他のタイプの緑内障を含む)の発現の危険因子と考えられた。
しかしながら、結果は論争中である。
この研究において、我々は、GSTM1、GSTT1とGSTP1と緑内障リスクの多型の間の関係を評価するために、展望研究を行った。


方法PubMedと他のデータベースからの発表された文献は、検索された。
GSTM1、GSTT1とGSTP1多型と緑内障リスクの間の関係を評価しているすべての研究は、含まれた。
プールされたオッズ比(OR)と95%信頼区間(CI)は、ランダムな-または固定-効果モデルを使用して算出された。


結果GSTM1(1109例と844人の対照)の12の研究、GSTT1(709例と664人の対照)の10の研究とGSTP1(543例と511人の対照)の4つの研究は、含まれた。
すべての研究をプールすることによって、GSTM1またはGSTT1無効な多型はPOAGリスクと関係していなかった、そして、この負の関連が白人で維持された。
105のヴァル多型が有意に相関していたGSTP1 Ileは、退行のモデル(ヴァル/ヴァル対Ile/Ile+Ile/Val:OR、1.62、95%CI:1.00-2.61)で、白人の間でPOAGリスクを増した。
興味深いことに、増加した緑内障リスクは、複合GSTM1とGSTT1無効な遺伝子型(OR、2.20; 95%CI、1.47-3.31)で、そして、合わせたGSTM1ヌルとGSTP1ヴァル遺伝子型(OR、1.86; 95%CI、1.15-3.01)で関連した。


結論:この展望研究は、GST多型の組合せが緑内障リスクと関係していることを示唆する。
限られたサンプルサイズを与えられて、単一GST多型と緑内障リスクの間の関係は、更なる調査を待つ。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x