医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Neutralization by metal ions of the toxicity of sodium selenide.

Published date 2013 Jan 14

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Neutralization by metal ions of the toxicity of sodium selenide.

ナトリウム・セレン化物の毒性の金属イオンによる中和。

Published date

2013-01-14

Author

Marc Dauplais, Myriam Lazard, Sylvain Blanquet, Pierre Plateau

Affiliation

École polytechnique, Laboratoire de Biochimie, CNRS, Palaiseau, France.

Abstract

Inert metal-selenide colloids are found in animals. They are believed to afford cross-protection against the toxicities of both metals and selenocompounds. Here, the toxicities of metal salt and sodium selenide mixtures were systematically studied using the death rate of Saccharomyces cerevisiae cells as an indicator. In parallel, the abilities of these mixtures to produce colloids were assessed. Studied metal cations could be classified in three groups: (i) metal ions that protect cells against selenium toxicity and form insoluble colloids with selenide (Ag(+), Cd(2+), Cu(2+), Hg(2+), Pb(2+) and Zn(2+)), (ii) metal ions which protect cells by producing insoluble metal-selenide complexes and by catalyzing hydrogen selenide oxidation in the presence of dioxygen (Co(2+) and Ni(2+)) and, finally, (iii) metal ions which do not afford protection and do not interact (Ca(2+), Mg(2+), Mn(2+)) or weakly interact (Fe(2+)) with selenide under the assayed conditions. When occurring, the insoluble complexes formed from divalent metal ions and selenide contained equimolar amounts of metal and selenium atoms. With the monovalent silver ion, the complex contained two silver atoms per selenium atom. Next, because selenides are compounds prone to oxidation, the stabilities of the above colloids were evaluated under oxidizing conditions. 5,5'-dithiobis-(2-nitrobenzoic acid) (DTNB), the reduction of which can be optically followed, was used to promote selenide oxidation. Complexes with cadmium, copper, lead, mercury or silver resisted dissolution by DTNB treatment over several hours. With nickel and cobalt, partial oxidation by DTNB occurred. On the other hand, when starting from ZnSe or FeSe complexes, full decompositions were obtained within a few tens of minutes. The above properties possibly explain why ZnSe and FeSe nanoparticles were not detected in animals exposed to selenocompounds.

 

不活性金属-セレン化物コロイドは、動物で見つかる。
彼らは、金属とセレノ合成物の毒性に対して干渉効果を産出すると考えられている。
ここでは、金属塩とナトリウム・セレン化物混合物の毒性は、指標としてSaccharomyces cerevisiae細胞の死亡率を使用して、系統的に研究された。
平行に、コロイドを産生するこれらの混合物の能力は、評価された。
周到な金属カチオンは、3つの群で分類されることができた: (i) 細胞をセレン毒性から保護して、セレン化物(抗原(+)、Cd(2+)、Cu(2+)、Hg(2+)、Pb(2+)とZn(2+))で不溶性コロイドを形成する金属イオン、生じている不溶性金属-セレン化物複合体によって、そして、二原子酸素(Co(2+)とNi(2+))の面前でセレン化水素酸化を引き起こすことによって細胞を保護する(ii)金属イオンと、最後に、予防を提供しなくて、相互作用しない(Ca(2+)、Mg(2+)、Mn(2+))か、検定された条件の下で弱くセレン化物と相互作用しない(Fe(2+))(iii)金属イオン。
起こるとき、不溶性複合体は二価金属イオンから生じた、そして、セレン化物は金属とセレン原子の等モルの量を含んだ。
一価の銀のイオンで、複合体はセレン原子当たり2つの銀の原子を含んだ。
次に、セレン化物が酸化にうつ伏せの合成物であるので、上記のコロイドの安定性は条件の陽性原子価を増加させることの下で評価された。
5,5'-ジチオビス-(2-ニトロ安息香酸性酸)(DTNB)(それの減少は光学的に追跡されることができる)、セレン化物酸化を促進するのに用いられた。
カドミウム、銅、導出、水銀または銀による複合体は、数時間の間DTNB治療によって溶解に耐えた。
ニッケルとコバルトで、DTNBによる部分的な酸化が、起こった。
一方では、ZnSeまたはFeSe複合体から始まるとき、完全な分解は数何十分以内にも得られた。
上記の特性は、ZnSeとFeSeナノ粒子がセレノ合成物にさらされる動物でなぜ検出されなかったかについて、おそらく説明する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x