医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Management of patients with Alzheimer's disease: pharmacological treatment and quality of life.

アルツハイマー病患者の管理:薬理学的治療と生活の質。

Published date

Author

Enrico Mossello, Elena Ballini

Affiliation

Unit of Gerontology and Geriatric Medicine, Viale G. Pieraccini 6, 50139 Firenze, Italy.

Abstract

A methodological approach to quality of life (QoL) assessment in Alzheimer's disease (AD) is challenging and few clinical trials have included it among outcomes, with conflicting results. In this review an indirect appraisal of evidence has been performed, searching the literature for the effect of drug treatments on determinants of QoL in AD. Among clinical factors associated with QoL, possible targets of drugs include cognition, which seems to be associated with QoL in early disease and can be positively affected by cholinesterase inhibitors (CIs) in this stage; functional decline, the risk of which can be decreased by CIs and memantine (MEM); behavioral and psychological symptoms, which can be reduced by MEM and atypical antipsychotics. Long-term observational studies have associated CIs and MEM treatment with a reduced institutionalization risk. According to the evidence, drug treatment of depression associated with AD should not be first choice from a QoL perspective, while treatment of pain can have beneficial effects on wellbeing indicators also in the late stages of the disease. Possible drug-related adverse events can affect QoL and should always be weighed against expected benefits from the patient's perspective. For this reason antipsychotic treatment is often problematic in AD and should be limited to severe psychosis and aggression, using the lowest effective doses for the shortest possible period. Conversely titration of CIs is necessary to reach the most effective dosages, although dose-related risk of adverse events has to be taken into account. Finally, CIs and MEM have been shown to reduce caregiver burden in randomized trials, possibly affecting caregivers' QoL.

 

アルツハイマー病(AD)の生活の質(QoL)評価への方法論的なアプローチは挑戦的である、そして、矛盾する結果で、ほとんど臨床試験は結果の中にそれを含まなかった。
このレビューにおいて、証拠の間接的な評価は行われた。
そして、ADでQoLの決定要素の上で文献を薬物療法の効果で検索した。
QoLと関連した臨床因子の間で、薬の可能性がある標的は認識を含む。
そして、それは疾患年の初めにQoLを伴うようで、この段階にコリンエステラーゼ抑制因子(CI)に明らかに影響を受けることができる;機能低下(それのリスクはCIとメマンチン(MEM)によって低下することができる);行動および心因性症状(それはMEMと非定型抗精神病薬によって低下することができる)。
長期の観察研究は、CIとMEM治療を減少した制度化リスクと関連させた。
証拠によれば、痛みの処置にはまた、疾患の後期に指標をwellbeingすることに薬効があることができる間、ADと関連した鬱病の薬物療法はQoL展望からの第一選択であってはならない。
可能性を伴う薬物関連有害事象はQoLに影響を及ぼすことができて、常に患者の認識から予想される有益性と比較考量されなければならない。
この理由で、抗精神病治療はしばしばADで問題を含んで、可能な限り短い期間の間最も低い有効量を使用して、重篤な精神病と攻撃性に限られていなければならない。
逆に言えば、CIの滴定は最も有効な投薬量に達するのに必要である、しかし、有害事象の用量関連リスクは考慮されなければならない。
最後に、CIとMEMは無作為試験で介護者負担を減らすことが示された。
そして、おそらく介護者のQoLに影響を及ぼした。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x