医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

A sulfated-polysaccharide fraction from seaweed Gracilaria birdiae prevents naproxen-induced gastrointestinal damage in rats.

Published date

A sulfated-polysaccharide fraction from seaweed Gracilaria birdiae prevents naproxen-induced gastrointestinal damage in rats.

海草Gracilaria birdiaeからの硫酸化の多糖分数は、ラットでナプロキセンによって誘発された胃腸損傷を防止する。

Published date

Journal

Mar Drugs. 2012; 10; 2618-33;

Author

Renan O Silva, Ana Paula M Santana, Nathalia S Carvalho, Talita S Bezerra, Camila B Oliveira, Samara R B Damasceno, Luciano S Chaves, Ana Lúcia P Freitas, Pedro M G Soares, Marcellus H L P Souza, André Luiz R Barbosa, Jand-Venes R Medeiros

Affiliation

LAFFEX-Laboratory of Experimental Physiopharmacology, Biotechnology and Biodiversity Center Research-BIOTEC, Federal University of Piauí-CMRV, Parnaíba 64202-020, PI, Brazil.

Abstract

Red seaweeds synthesize a great variety of sulfated galactans. Sulfated polysaccharides (PLSs) from seaweed are comprised of substances with pharmaceutical and biomedical potential. The aim of the present study was to evaluate the protective effect of the PLS fraction extracted from the seaweed Gracilaria birdiae in rats with naproxen-induced gastrointestinal damage. Male Wistar rats were pretreated with 0.5% carboxymethylcellulose (control group-vehicle) or PLS (10, 30, and 90 mg/kg, p.o.) twice daily (at 09:00 and 21:00) for 2 days. After 1 h, naproxen (80 mg/kg, p.o.) was administered. The rats were killed on day two, 4 h after naproxen treatment. The stomachs were promptly excised, opened along the greater curvature, and measured using digital calipers. Furthermore, the guts of the animals were removed, and a 5-cm portion of the small intestine (jejunum and ileum) was used for the evaluation of macroscopic scores. Samples of the stomach and the small intestine were used for histological evaluation, morphometric analysis and in assays for glutathione (GSH) levels, malonyldialdehyde (MDA) concentration, and myeloperoxidase (MPO) activity. PLS treatment reduced the macroscopic and microscopic naproxen-induced gastrointestinal damage in a dose-dependent manner. Our results suggest that the PLS fraction has a protective effect against gastrointestinal damage through mechanisms that involve the inhibition of inflammatory cell infiltration and lipid peroxidation.

 

赤い海草は、豊富な種類の硫酸化のガラクタンを合成する。
海草からの硫酸化の多糖(PLSs)は、製薬および生医学的可能性で、物質から成る。
本研究の目的は、ナプロキセンによって誘発された胃腸損傷でラットで海草Gracilaria birdiaeから抽出されるPLS断片の保護作用を評価することであった。
男性のウィスターラットは、0.5%のカルボキシメチルセルロース(対照群-媒体)またはPLS(10、30と90mg/kg(経口で))で前処理された毎日2日間の二度(09:00と21:00に)。
1時間(ナプロキセン(80mg/kg(経口で)))後に投与された。
ナプロキセン治療の4時間後に、ラットが2日目に死んだ。
胃は、すぐに切除されて、大弯に沿って切開されて、デジタル・カリパス副木を使用して測定された。
さらにまた、動物の内臓は摘出された、そして、小腸(空腸及び回腸)の5cmの部分が肉眼のスコアの評価のために使われた。
胃と小腸の検体が、組織学的評価(形態計測分析)のために、そして、グルタチオン(GSH)レベル、malonyldialdehyde(MDA)濃度とミエロペルオキシダーゼ(MPO)活動の検査法で使われた。
PLS治療は、用量依存的方法で肉眼および顕微鏡的ナプロキセンによって誘発された胃腸損傷を減らした。
我々の結果は、PLS分数が炎症性細胞浸潤と脂質過酸化の抑制を含む機序を通して胃腸損傷に対して保護作用を持つことを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x