医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

[The influence of the penetrating cryoprotectors on protein synthesis in the cell-free system of the rat liver].

Published date

[The influence of the penetrating cryoprotectors on protein synthesis in the cell-free system of the rat liver].

[ラット肝臓の無細胞系の蛋白合成に関する鋭いクリオプロテクターの影響]。

Published date

Journal

Ukr Biokhim Zh. 84; 68-75;

Author

Affiliation

Abstract

The influence of the penetrating cryoprotector and Mg2+ ions on the protein-synthesizing activity of postmitochondrial supernantant of the rat liver as well as on aminoacylation processes has been investigated. The addition of the penetrating cryoprotectors--ethylene glycol and DMSO--resulted in the concentration-dependant reversible inhibition of the protein biosynthesis and aminoacylation reaction in the cell-free system. These cryoprotectors at low concentrations intensified the stimulating effect of Mg2+ on the cumulative protein synthesis in the cell-free system.

 

ラット肝臓のポストミトコンドリアsupernantantのタンパク質合成活動に関するならびにアミノアシル化プロセスの鋭いクリオプロテクターとMg2+イオンの影響は、調査された。
鋭いクリオプロテクター ― エチレングリコールとDMSO ― の追加は、無細胞系で蛋白質の生合成とアミノアシル化反応の濃度依存的可逆的な抑制に帰着した。
低濃度のこれらのクリオプロテクターは、無細胞系で累積的な蛋白合成に関してMg2+の刺激的な効果を強化した。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x