医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Assessment of the Fe(III)-EDDS Complex in Fenton-Like Processes: From the Radical Formation to the Degradation of Bisphenol A.

フェントン様のプロセスのFe(III)-EDD複合体の評価:根治的な形成からビスフェノールAの分解まで。

Published date

2013-2-5

Journal

Environ Sci Technol. 2013;

Author

Wenyu Huang, Marcello Brigante, Feng Wu, Christine Mousty, Khalil Hanna, Gilles Mailhot

Affiliation

Clermont Université , Université Blaise Pascal-ENSCCF, Institut de Chimie de Clermont-Ferrand (ICCF), BP10448, F-63000 Clermont-Ferrand, France.

Abstract

The present work describes, for the first time, the use of a new and strong complexing agent, ethylenediamine-N,N'-disuccinic acid (EDDS) in the homogeneous Fenton process. The effect of H(2)O(2) concentration, Fe(III)-EDDS concentration, pH value, and oxygen concentration on the homogeneous Fenton degradation of bisphenol A (BPA) used as a model pollutant, was investigated. Surprisingly, the performance of BPA oxidation in an EDDS-driven Fenton reaction was found to be much higher at near neutral or basic pH than at acidic pH. Inhibition and probe studies were conducted to ascertain the role of several radicals (e.g., (•)OH, HO(2)(•)/O(2)(•-)) on BPA degradation. This unexpected effect of pH on Fenton reaction efficiency could be due to the formation of HO(2)(•) or O(2)(•-) radicals and to the presence of different forms of the complex Fe(III)-EDDS as a function of pH. Indeed, the reduction of Fe(III)-EDDS to Fe(II)-EDDS is a crucial step that governs the formation of hydroxyl radical, mainly responsible for BPA degradation. In addition to its ability to maintain iron in soluble form, EDDS acts as a superoxide radical-promoting agent, enhancing the generation of Fe(II) (the rate limiting step) and therefore the production of (•)OH radicals. These results are very promising because they offer an important new treatment option at higher range of pH values and more particularly at pHs encountered in natural conditions.

 

現在の効果は、初めて、新しいおよび強い錯化剤(エチレンジアミン-N,N)の使用を述べる』-二コハク酸均一なフェントン・プロセスに(EDDS)。
H(2)O(2)集中(典型的な汚染物質として使われるビスフェノールA(BPA)の均一なフェントン分解に関するFe(III)-EDDS濃度、pH値と酸素濃度)の効果は、調査された。
驚くべきことに、EDDS駆動フェントン反応のBPA酸化の成績が、酸性pHでよりほとんど中性であるか基本的なpHで非常に高いとわかった。
抑制とプローブ学科は、いくつかの基の役割を確認するために実施された(例えば、(•)OH(Ho(2))(•)/O(2)(•BPA低下に関する-))。
pHのフェントン反応効率に対するこの予想外の影響は、HO(2)の形成に起因することができた(•)またはO(2)、(•-)基、そして、pHの機能としての複雑なFe(III)-EDDSの異なる形状の存在に。
実際、Fe(II)-EDDSに対するFe(III)-EDDSの減少は、水酸ラジカル(主にBPA低下に対して責任がある)の形成を決定する十字形のステップである。
可溶性の形状で鉄を維持するその能力に加えて、EDDSは、基促進薬剤、Fe(II)(率制限ステップ)の世代を強化すること、したがって産生をスーパーオキシドとして行う(•)OH基。
彼らがpH値のより高い範囲に、そして、特に自然の条件で遭遇するpHsで重要な新しい治療の選択肢を提供するので、これらの結果は非常に有望である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x