医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Hepatoprotective effects of DL-α-lipoic acid and α-Tocopherol through amelioration of the mitochondrial oxidative stress in acetaminophen challenged rats.

DL-α-リポ酸の肝保護的な効果とアセトアミノフェンのミトコンドリア酸化ストレスの改良を通してのα-トコフェロールは、ラットに挑戦した。

Published date

2013-04-23

Author

N P Sudheesh, T A Ajith, K K Janardhanan

Affiliation

Department of Microbiology, Amala Cancer Research Centre , Thrissur, Kerala , India and.

Abstract

Abstract Acetaminophen (APAP) is known to induce liver mitochondrial dysfunction leading to acute hepatotoxicity. Effect of DL-α-lipoic acid (LA) and α-tocopherol (α-Toc) against the APAP-induced liver mitochondrial damage was evaluated in rats. LA (100 mg/kg, p.o.) and α-Toc (100 mg/kg, p.o.) were given once daily for 15 d, prior to the APAP administration (3 g/kg, p.o). Hepatic damage was confirmed by determining the activities of serum glutamate pyruvate transaminase, serum glutamate oxaloacetate transaminase and alkaline phosphatase, 4 h after the single dose of APAP. To assess the mitochondrial damage, the activities of antioxidant enzymes, Krebs' cycle dehydrogenases and mitochondrial electron transport chain complexes, and levels of reactive oxygen species (ROS), reduced glutathione, lipid peroxidation (malondialdehyde, MDA) as well as the mitochondrial membrane potential (Δψmt) were evaluated. The activities of mitochondrial enzymes and Δψmt were significantly (p < 0.01) decreased and the level of ROS and MDA were significantly (p < 0.01) increased due to APAP challenge. LA and α-Toc treatment significantly enhanced the activities of mitochondrial enzymes and Δψmt than that of control group; whereas the levels of ROS and MDA were decreased. The results of the study concluded that the liver damage induced by APAP was significantly ameliorated by LA and α-Toc. LA showed more protection than that of α-Toc. The protection can be partially ascribed to their mitochondrial protective effects through their antioxidant activity which could decrease the level of ROS and by direct enhancement of Δψmt.

 

抽象的なアセトアミノフェン(APAP)が急性肝臓毒性につながっている肝臓ミトコンドリア機能不全を誘発するということは、知られている。
APAPによって誘発された肝臓ミトコンドリア損傷に対するDL-α-リポ酸(LA)とα-トコフェロール(α-Toc)の効果は、ラットで評価された。
APAP当局(3g/kg、p.o)の前に、LA(100mg/kg(経口で))とα-Toc(100mg/kg(経口で))は15d 1日1回与えられた。
APAP.の単回投与の4時間後に血清グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ(血清グルタミン酸塩オキサロ酢酸エステル・トランスアミナーゼとアルカリホスファターゼ)の活動を決定することによって、肝損傷は確認されたために評価する、ミトコンドリア損傷、抗酸化体酵素の活動、クレープスのサイクル・デヒドロゲナーゼとミトコンドリア電子は鎖複合体を輸送する、そして、活性酸素種(ROS)のレベル、還元グルタチオン、脂質過酸化(マロンジアルデヒド、MDA)ならびにミトコンドリア膜可能性(Δψmt)は評価された。
ミトコンドリア酵素の活動とΔψmtは有意に減少して(p < 0.01)、そして、ROSのレベルとMDAはAPAPチャレンジのため有意に増加した(p < 0.01)。
LAとα-Toc治療は対照群のそれよりミトコンドリア酵素とΔψmtの活動を有意に強化した;が、ROSのレベルとMDAは減少した。
本研究の結果はAPAPによって誘発される肝損傷がLAによって有意に改善されると結論して、そして、α-Toc. LAはα-Tocのそれより多くの予防を示した。
予防がROSの、そして、Δψmt.の直接の強化によるレベルを低下させることができたそれらの抗酸化剤活性を通して部分的にそれらのミトコンドリア保護作用のものとされることができる

460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x