医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

GSTT1 Null Genotype Is Associated with an Increased Risk of Prostate Cancer in Caucasians: A Meta-Analysis.

Published date 2013 Jan 18

GSTT1 Null Genotype Is Associated with an Increased Risk of Prostate Cancer in Caucasians: A Meta-Analysis.

GSTT1無効な遺伝子型は、白人で前立腺癌のリスク増加と関係している:展望研究。

Published date

2013-1-18

Journal

Urol Int. 2013;

Author

Jianguo Zhu, Weihong Chen, Shuxiong Xu, Yuanlin Wang, Zhaolin Sun

Affiliation

Department of Urology, The People's Hospital of Guizhou Province, Guiyang, PR China.

Abstract

Background: Many studies have investigated the association between glutathione S-transferase T1 (GSTT1) null genotype and the risk of prostate cancer (PCa), but the impact of GSTT1 null genotype on PCa risk in Caucasians is still unclear owing to the inconsistency of such studies. The present study aimed to quantify the strength of association between GSTT1 null genotype and the risk of PCa in Caucasians. Methods: We searched the PubMed, Embase and Web of Science databases for studies assessing the association between GSTT1 null genotype and the risk of PCa in Caucasians. We estimated the summary odds ratio (OR) with the corresponding 95% confidence interval (95% CI) to assess the association. Results: 16 case-control studies with 11,648 subjects were included in this meta-analysis. Meta-analysis of a total of 16 studies showed GSTT1 null genotype was significantly associated with an increased risk of PCa in Caucasians (random-effects OR 1.30, 95% CI 1.10-1.53, p = 0.002). After adjustment for heterogeneity, GSTT1 null genotype was still associated with an increased risk of PCa in Caucasians (fixed-effects OR 1.33, 95% CI 1.17-1.52, p < 0.001). The cumulative meta-analyses of all 16 studies showed a trend of more obvious association as information accumulated by year. Conclusions: Meta-analysis of available data suggests the GSTT1 null genotype is significantly associated with an increased risk of PCa in Caucasians.

 

背景多くの研究はグルタチオンS-transferase T1(GSTT1)ヌル遺伝子型と前立腺癌(PCa)のリスクの間の関係を調査した、しかし、白人におけるPCaリスクへのGSTT1無効な遺伝子型の影響はまだそのような研究の不一致のために不明である。
本研究は、白人でGSTT1無効な遺伝子型とPCaのリスクの間に関連の強固性を定量化することを意図した。
方法我々は、サイエンス・データベースのPubMed、Embaseとウェブを白人でGSTT1無効な遺伝子型とPCaのリスクの間の関係を評価している研究で検索した。
我々は、関連を評価するために、対応する95%の信頼区間(95%CI)で、要約したオッズ比(OR)を推定した。
結果11,648人の被験者と一緒の16件の症例対照研究は、この展望研究に含まれた。
合計16の研究の展望研究は、無効な遺伝子型が白人(ランダムな効果OR 1.30、95%のCI 1.10-1.53、p = 0.002)でPCaのリスク増加と有意に関係していることをGSTT1に明らかにした。
異質性の調整の後、GSTT1無効な遺伝子型は、まだ白人(一定の効果オレゴン州1.33、95%CI 1.17-1.52、p < 0.001)で、PCaのリスク増加と関係していた。
情報が年蓄積したので、全16の研究の累積的な展望研究はより明らかな関連の動向を示した。
結論:利用できるデータの展望研究は、GSTT1無効な遺伝子型が白人でPCaのリスク増加と有意に関係していることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x