医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Cell permeable fluorescent receptor for detection of H(2)PO(4)(-) in aqueous solvent.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Cell permeable fluorescent receptor for detection of H(2)PO(4)(-) in aqueous solvent.

水性溶媒のH(2)PO(4)(-)の検出のための細胞浸透性蛍光受容体。

Published date

Author

Supriti Sen, Manjira Mukherjee, Kuheli Chakrabarty, Ipsit Hauli, Subhra Kanti Mukhopadhyay, Pabitra Chattopadhyay

Affiliation

Department of Chemistry, The University of Burdwan, Golapbag, Burdwan-713104, India. pabitracc@yahoo.com.

Abstract

A new colorimetric fluorescent receptor for H(2)PO(4)(-) is reported in this communication. The receptor can detect dihydrogen phosphates optically by developing a color change from yellow to green. Acute spectral responses to H(2)PO(4)(-) in HEPES buffer (DMSO-HEPES 1 : 9) have been observed. The selectivity zone in terms of pH of the receptor for H(2)PO(4)(-) is attributed to the fitness in the acidity (pK(a)) of receptor with H(2)PO(4)(-). Hydrogen bonding plays the key role here which is confirmed by (1)H NMR titration. The receptor also has good potential for bio-imaging. The mode of interaction has also been established by ab initio calculation.

 

H(2)PO(4)(-)のための新しい比色蛍光受容体は、この連絡で報告される。
受容体は、黄色から緑まで変色を発達させることによって、光学的に二水素リン酸塩を検出することができる。
HEPESバッファの経口(4) H(2)(-)に対する急性スペクトル応答(DMSOHEPES 1: 9) 観察された。
H(2)PO(4)(-)のための受容体のpHに関する選択性帯は、H(2)PO(4)で受容体の酸性度(pK(a))で、適応度に起因している(-)。
水素結合は、(1)H NMR滴定によって確認される鍵となる役割をここで演ずる。
受容体にも、バイオ画像診断への十分な可能性がある。
相互作用の方法は、初めから算出によっても確立された。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x