医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Protective effects of hydrogen sulfide against chronic alcohol intake-induced left ventricular remodeling in rats.

Published date

Protective effects of hydrogen sulfide against chronic alcohol intake-induced left ventricular remodeling in rats.

ラットにおける慢性アルコール摂取によって誘発された左室リモデリングに対する硫化水素の保護作用。

Published date

Author

Xiang Zhou, Xiang Lu, Weiting Xu, Jianchang Chen

Affiliation

Department of Cardiology, The Second Affiliated Hospital of Soochow University, No.1055 Sanxiang Road, Suzhou, 215004, China, zhou-xiang@suda.edu.cn.

Abstract

PURPOSE: To investigate the protective effects of hydrogen sulfide (H2S) against chronic alcohol intake-induced left ventricular remodeling and explore the potential mechanisms involved.

 

METHODS: Rats were randomly divided into 4 groups: alcohol group, NaHS group, alcohol + NaHS group, and control group. The echocardiographic and morphometric studies were performed to assess left ventricular remodeling. Oxidative stress was evaluated by detecting MDA, GSH-Px, Tot-SOD, CuZn-SOD and Mn-SOD in the supernatant. Cardiomyocyte apoptotic rate was determined by flow cytometry with Annexin V/PI staining. Western blotting was conducted to detect the expression of Bcl-2 family of apoptosis regulator proteins.

 

RESULTS: The echocardiographic and morphometric data indicated that H2S has protective effects against chronic alcohol intake-induced left ventricular remodeling. Our findings showed a significant increase in MDA level and decreases in GSH-Px, Tot-SOD, CuZn-SOD and Mn-SOD activities in the alcohol group compared to the control group, while in the alcohol + NaHS group, a significant decrease in MDA level and increases in GSH-Px, Tot-SOD, CuZn-SOD and Mn-SOD activities were found compared to the alcohol group. The apoptotic rate in the alcohol group was significantly higher than in the control group, whereas apoptotic rate in the alcohol + NaHS group was significantly lower than in the alcohol group. In addition, Bcl-2 and Bcl-xL expression was upregulated and Bax expression was downregulated in the alcohol + NaHS group compared to the alcohol group.

 

CONCLUSIONS: Our study demonstrates that H2S protects against chronic alcohol intake-induced left ventricular remodeling via attenuating oxidative stress and apoptosis.

 

目的:慢性アルコール摂取によって誘発された左室リモデリングに対して硫化水素(H2S)の保護作用を調査して、関係する潜在的機序を調査すること。
方法ラットは、4つの群にランダムに分けられた:アルコール類、NaHS群、アルコール+ NaHS群と対照群。
心エコーおよび体型測定研究は、左室リモデリングを評価するために行われた。
酸化ストレスは、上澄みでMDA、GSH-Px、微量-SOD、CuZn-SODとMn-SODを検出することによって評価された。
心筋細胞アポトーシスの率はアネキシンV/PI染色による流動細胞計測法によって決定した。
ウエスタンブロット法は、アポプトーシス調節装置タンパク質のBcl-2族の発現を検出するために実行された。
結果心エコーおよび体型測定データは、H2Sが慢性アルコール摂取によって誘発された左室リモデリングに対して保護作用を持つことを示した。
アルコールで+ NaHS群、MDAレベルの有意の減少とGSH-Px、微量-SOD、CuZn-SODとMn-SOD活動の増加がアルコール類と比較して見られる間、我々の所見はMDAレベルの有意の増加と対照群と比較したアルコール類のGSH-Px、微量-SOD、CuZn-SODとMn-SOD活動の減少を示した。
アルコール類のアポトーシスの率は、対照群が、アルコールのアポトーシスの率で+ NaHS群がアルコール類でより有意に低かったより、有意に高かった。
加えて、Bcl-2とBCL-xL発現は上方制御された、そして、バックス発現は+ NaHS群がアルコール類と比較したアルコールで減少した。
結論:我々の研究は、H2Sが酸化ストレスとアポプトーシスを減弱することを経て慢性アルコール摂取によって誘発された左室リモデリングから保護することを証明する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x