医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Effect of coenzyme-q10 on Doxorubicin-induced nephrotoxicity in rats.

Published date 2012 Dec 17

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Effect of coenzyme-q10 on Doxorubicin-induced nephrotoxicity in rats.

コエンザイム・ラットにおけるDoxorubicinによって誘発された腎毒性の上の10の効果。

Published date

2012-12-17

Author

Azza A K El-Sheikh, Mohamed A Morsy, Marwa M Mahmoud, Rehab A Rifaai, Aly M Abdelrahman

Affiliation

Department of Pharmacology, Faculty of Medicine, Minia University, 61511 El-Minia, Egypt.

Abstract

Nephrotoxicity is one of the limiting factors for using doxorubicin (Dox) as an anticancer chemotherapeutic. Here, we investigated possible protective effect of coenzyme-Q10 (CoQ10) on Dox-induced nephrotoxicity and the mechanisms involved. Two doses (10 and 100 mg/kg) of CoQ10 were administered orally to rats for 8 days, in the presence or absence of nephrotoxicity induced by a single intraperitoneal injection of Dox (15 mg/kg) at day 4 of the experiment. Our results showed that the low dose of CoQ10 succeeded in reversing Dox-induced nephrotoxicity to control levels (e.g., levels of blood urea nitrogen and serum creatinine, concentrations of renal reduced glutathione (GSH) and malondialdehyde, catalase activity and caspase 3 expression, and renal histopathology). Alternatively, the high dose of CoQ10 showed no superior nephroprotection over the low dose, as there were no significant improvements in renal histopathology, catalase activity, or caspase 3 expression compared to the Dox-treated group. Interestingly, the high dose of CoQ10 alone significantly decreased renal GSH level as well as catalase activity and caused a mild induction of caspase 3 expression compared to control, probably due to a prooxidant effect at this dose of CoQ10. We conclude that CoQ10 protects from Dox-induced nephrotoxicity with a precaution to dosage adjustment.

 

腎毒性は、抗癌化学療法薬としてドキソルビシン(Dox)を使用するための限定要因の1つである。
ここでは、我々はDoxによって誘発された腎毒性と関係する機序上でコエンザイム-Q10(CoQ10)の可能性がある保護作用を調査した。
実験の4日目にDox(15mg/kg)の一回の腹注によって誘発される腎毒性の有無において、CoQ10の2つの用量(10と100mg/kg)は、8日の間ラットに経口投与された。
レベル(例えば、血液尿素窒素と血清クレアチニンのレベル、腎臓還元グルタチオン(GSH)とマロンジアルデヒドの濃度、カタラーゼ活性とカスパーゼ3発現と腎臓組織病理学)を制御するためにDoxによって誘発された腎毒性を逆転させることに、CoQ10の低用量が成功することを、我々の成績は示した。
あるいは、腎臓組織病理学の有意の改善、カタラーゼ活性または3つの発現がDox投与をうけている群と比較したカスパーゼがなかったので、CoQ10の高用量は低用量以上優れた腎予防を示さなかった。
興味深いことに、CoQ10単独の高用量は、有意に腎臓GSHレベルならびにカタラーゼ活性を減少させて、3つの発現が制御に、おそらくCoQ10のこの用量の酸化促進剤効果のため比較しただろうカスパーゼの軽い誘導を生じた。
我々は、CoQ10が投薬量調整に予防措置でDoxによって誘発された腎毒性から保護すると結論する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x