医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Epicatechin used in the treatment of intestinal inflammatory disease: an analysis by experimental models.

Published date 2012 Dec 30

Epicatechin used in the treatment of intestinal inflammatory disease: an analysis by experimental models.

腸炎症性疾患の治療で使われるEpicatechin:実験モデルでの分析。

Published date

2012-12-30

Author

Paulo César de Paula Vasconcelos, Leonardo Noboru Seito, Luiz Cláudio Di Stasi, Clélia Akiko Hiruma-Lima, Cláudia Helena Pellizzon

Affiliation

Morphology Department, Biosciences Institute, UNESP-University Estadual Paulista, P.O. Box 510, 18618-970 Botucatu, SP, Brazil.

Abstract

Background. This study was pathway of (-)-epicatechin (EC) in the prevention and treatment of intestine inflammation in acute and chronic rat models. Methods. Intestine inflammation was induced in rats using TNBS. The morphological, inflammatory, immunohistochemical, and immunoblotting characteristics of colon samples were examined. The effects of EC were evaluated in an acute model at doses of 5, 10, 25, and 50 mg/kg by gavage for 5 days. The chronic colitis model was induced 1st day, and treated for 21 days. For the colitis relapse model, the induction was repeated on 14th. Results. EC10 and EC50 effectively reduced the lesion size, as assessed macroscopically; and confirmed by microscopy for EC10. The glutathione levels were higher in EC10 group but decreased COX-2 expression and increased cell proliferation (PC) were observed, indicating an anti-inflammatory activity and a proliferation-stimulating effect. In the chronic colitis model, EC10 showed lower macroscopic and microscopic lesion scores and increase in glutathione levels. As in the acute model, a decrease in COX-2 expression and an increase in PC in EC10, the chronic model this increase maybe by the pathway EGF expression. Conclusion. These results confirm the activity of EC as an antioxidant that reduces of the lesion and that has the potential to stimulate tissue healing, indicating useful for preventing and treating intestine inflammation.

 

背景本研究は、急性および慢性ラット・モデルの腸炎症の予防と治療の(-)-表層カテキン(EC)の経路であった。
方法腸炎症は、TNBSを使用しているラットで誘発された。
結腸サンプルの形態学的な、炎症性、免疫組織化学的および免疫ブロットしている特性は、調べられた。
ECの効果は、5日の間胃管による強制栄養によって5、10、25と50mg/kgの用量で、鋭いモデルで評価された。
慢性の大腸炎モデルは誘導された1日目で、21日について交渉した。
大腸炎再発モデルのために、誘導は第14の上で繰り返された。
結果肉眼的に評価されるように、EC10とEC50は病変サイズを効果的に減らした;そして、EC10のために鏡検によって確認される。
グルタチオン・レベルはEC10群でより高かった、しかし、減少したCOX-2発現と増加した細胞増殖(PC)は観察された。
そして、抗炎症活性と増殖刺激的な効果を示した。
慢性の大腸炎モデルにおいて、EC10は低い肉眼のおよび顕微鏡的病変スコアを示して、グルタチオン・レベルが増加する。
鋭いモデル、COX-2発現の減少とEC10のPCの増加と同様に、慢性のものはおそらく経路EGF発現によってこの増加をモデル化する。
結論これらの結果は、ECの活動が病変の減少する、そして、組織治癒(腸炎症を予防して、治療することに役立つ指示すること)を促進する可能性がある抗酸化剤であることを確かなものにする。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x