医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Superficial temporal artery-middle cerebral artery anastomosis for internal carotid artery occlusion by subacute in-stent thrombosis after carotid artery stenting.

頸動脈ステント留置術の後の亜急性ステント内血栓症による内頸動脈閉塞症のための浅側頭動脈‐中大脳動脈吻合術。

Published date

2012-12-31

Author

Hoi Jung Choi, Sung Tae Kim, Yeong Gyun Jeong, Hae Woong Jeong

Affiliation

Department of Neurosurgery, Busan Paik Hospital, School of Medicine, Inje University, Busan, Korea.

Abstract

Alternative to carotid endarterectomy, carotid artery stenting (CAS) can be performed for symptomatic severe stenosis of internal carotid artery, especially for high-risk patients. Among several complications after CAS, subacute in-stent thrombosis is rare but important, because patient's condition can deteriorate rapidly. Subacute in-stent thrombosis with carotid artery occlusion can be managed by superficial temporal artery-middle cerebral artery (STA-MCA) anastomosis. We report two cases of STA-MCA anastomosis for internal carotid artery occlusion by subacute in-stent thrombosis after CAS.

 

特に高リスク患者では、頸動脈内膜剥離術(頸動脈ステント留置術)(CAS)の代替物は、内頸動脈の症候性重度狭窄のために実行されることができる。
CASの後のいくつかの合併症の間で、患者の状態が急速に悪化することができるので、亜急性ステント内血栓症はまれであるが、重要である。
頚動脈閉塞を伴う亜急性ステント内血栓症は、浅側頭動脈-中大脳動脈(STA-MCA)吻合によって管理されることができる。
我々は、CASの後で亜急性ステント内血栓症によって内頸動脈閉塞症のために2例のSTA-MCA吻合を報告する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x