医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

PAS-G supports platelet reconstitution after cryopreservation in the absence of plasma.

Published date 2013 Jan 24

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

PAS-G supports platelet reconstitution after cryopreservation in the absence of plasma.

PASGは、血漿がない場合凍結保存の後血小板再構成を支持する。

Published date

2013-1-24

Author

Lacey Johnson, Samantha Reid, Shereen Tan, Diana Vidovic, Denese C Marks

Affiliation

Research and Development, The Australian Red Cross Blood Service, Sydney, Australia.

Abstract

BACKGROUND: Platelet (PLT) concentrates frozen in dimethyl sulfoxide (DMSO) can be stored for extended periods at -80°C. PLTs are frozen in a hyperconcentrated state to avoid postthaw washing and minimize residual DMSO. Consequently, PLTs require reconstitution upon thawing. Although plasma, saline, and PLT additive solutions (PASs) have been used to reconstitute frozen PLTs, a comparison to define an optimal solution for PLT recovery has not been performed. STUDY DESIGN AND METHODS: DMSO (5% final concentration) was added to buffy coat-derived PLTs, followed by centrifugation to concentrate and freezing at -80°C. Cryopreserved PLTs (n = 12 per group) were thawed at 37°C, reconstituted in a unit of thawed frozen plasma, SSP+, or PAS-G. In vitro PLT quality was examined before freezing, immediately after thawing, and 6 and 24 hours after thawing. RESULTS: After thawing and reconstitution, PLTs in plasma and PAS-G displayed similar recovery (69 and 73%, respectively), while PLT recovery in SSP+ was lower (62%). All PLTs maintained an acceptable pH and metabolic activity during postthaw storage. Frozen PLTs were activated, although the extent differed depending on the reconstitution solution, with PLTs in PAS-G retaining better aggregation responses than PLTs in plasma or SSP+. CONCLUSION: Thawing cryopreserved PLTs in PAS-G, without plasma supplementation, resulted in PLTs with similar recovery and in vitro quality indicators as those suspended in plasma. Importantly, using PAS-G enables the PLTs to be ready for use significantly faster than when having to thaw frozen plasma, which may be beneficial in trauma situations.

 

背景ジメチルスルホキシド(DMSO)で凍死する濃縮物が-80℃で期間をされてたくわえられることができる血小板(PLT)。
PLTsは、洗っているポスト解凍を回避して、残留するDMSOを最小化するために、過剰集中州で凍る。
従って、PLTsは解凍に応じて再構成を必要とする。
血漿、食塩水とPLT添加物溶液(PASs)が冷凍PLTsを再構成するのに用いられたにもかかわらず、PLT回復の最適解決を定義する比較は行われなかった。
研究デザインと方法:DMSO(5%の終濃度)は、解凍された冷凍された血漿、SSP+またはPASGの単位で再構成されて、バフィーコートから派生したPLTs(集中するために遠心が続いて、Cryopreserved PLTs(群当たりのn = 12)が37℃解凍された-80°C.で凍っている)に加えられた。
生体外PLT質は、解凍の直後に、凍って、6と24時間後に解凍する前に調べられた。
結果解凍と再構成の後、SSP+のPLT回復がより低い(62%)間、血漿とPASGのPLTsは類似の回復(それぞれ69と73%)を示した。
すべてのPLTsは、ポスト解凍貯蔵の間、受け入れられるpHと代謝的な活性を維持した。
範囲が再構成溶液によって異なったにもかかわらず、冷凍PLTsは活性化された、PLTsが血漿のPLTsまたはSSP+より良好な寄せ集め反応を保持しているPASGにあって。
結論PASGの解凍低温保存されたPLTsは、血漿補給なしで、血漿で停職になる人々として、類似の回復と生体外良質な指標でPLTsに帰着した。
重要なことに、冷凍された血漿を解凍しなければならないより、PASGを使用することはPLTsが有意により急速に使用の準備ができていることを可能にする。
そして、それは外傷状況で有益である場合がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x