医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

The antioxidant response of the liver of male Swiss mice raised on a AIN 93 or commercial diet.

Published date 2013 Jan 24

The antioxidant response of the liver of male Swiss mice raised on a AIN 93 or commercial diet.

AIN 93または市販食品の上で上がる雄のスイスのマウスの肝臓の抗酸化反応。

Published date

2013-1-24

Journal

BMC Physiol. 2013; 13; 3;

Author

Aline C Caetano, Lucimara F da Veiga, Flávia R Capaldi, Severino M de Alencar, Ricardo A Azevedo, Rosangela M Bezerra

Affiliation

Abstract

ABSTRACT: BACKGROUND: Reactive oxygen species (ROS) are formed under natural physiological conditions and are thought to play an important role in many human diseases. A wide range of antioxidants are involved in cellular defense mechanisms against ROS, which can be generated in excess during stressful conditions, these include enzymes and non-enzymatic antioxidants. The aim of this study was to evaluate the antioxidant responses of mice to two diets control, commercial and the purified AIN 93 diet, commonly used in experiments with rodents. RESULTS: Malondialdehyde (MDA) and hydrogen peroxide (H2O2) concentrations and superoxide dismutase (SOD) and glutathione reductase (GR) activities determined in the liver were lower in the group of mice fed with the AIN 93 diet, while catalase (CAT) activity was higher in the same group, when compared to the group fed on the commercial diet. Liver glutathione peroxidase (GSH-Px) activity was similar in the groups fed on either AIN 93 or the commercial diets. Two SOD isoforms, Mn-SODII and a Cu/Zn-SODV, were specifically reduced in the liver of the AIN 93 diet fed animals. CONCLUSIONS: The clear differences in antioxidant responses observed in the livers of mice fed on the two diets suggest that the macro- and micro-nutrient components with antioxidant properties, including vitamin E, can promote changes in the activity of enzymes involved in the removal of the ROS generated by cell metabolism.

 

要旨背景活性酸素種(ROS)は、自然の生理的条件の下で形成されて、多くの人間の疾患において重要な役割を果たすと考えられる。
広範囲にわたる抗酸化剤はROS(それはストレスの多い条件の間、過度に発生することができる)に対して細胞防衛機構に関係している。
そして、これらは酵素と非酵素的な抗酸化剤を含む。
本研究の目的は2人の食事対照(コマーシャル)にマウスの抗酸化反応を評価することであった、そして、浄化されたAIN 93はダイエットする。
そして、齧歯動物の実験で一般的に用いられた。
結果群と比較して市販食品の上に供給されるとき、カタラーゼ(CAT)活性が同じ群でより高い間、肝臓で決定されるマロンジアルデヒド(MDA)と過酸化水素(H2O2)濃度とスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)とグルタチオン還元酵素(GR)活動はAINで93の食事を与えられるマウスの群でより低かった。
肝臓グルタチオンペルオキシダーゼ(GSH-Px)活性は、AIN 93または市販食品の上に供給される群で同様だった。
2つのSODアイソフォーム(Mn-SODIIとCu/Zn-SODV)は、93の食事が動物に与えたAINの肝臓で、特に還元された。
結論:2つの食事を食べるマウスの肝臓で観察される抗酸化反応の明白な違いは、抗酸化能(ビタミンEを含む)による多量養素と微量元素の構成要素が細胞代謝によって発生するROSの除去に関係する酵素の活性の変化を促進することができることを示唆する。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x