医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Oxidative stress is increased in women with epilepsy: Is it a potential mechanism of anti-epileptic drug-induced teratogenesis?

酸化ストレスは、癲癇で女性で増加する:それは、鎮痙性の薬物性奇形発生の潜在的機序であるか?

Published date

Author

Damayanthi Deepa, Narayani Jayakumari, Sanjeev V Thomas

Affiliation

Department of Biochemistry, Sree Chitra Tirunal Institute for Medical Sciences and Technology, Trivandrum, Kerala, India.

Abstract

CONTEXT: Oxidative stress can be a final common pathway for AED-induced teratogenesis.

 

AIMS: To compare the oxidative stress of women with epilepsy (WWE) and unfavorable pregnancy outcome (fetal malformation or spontaneous abortion - group EM) with that of WWE with normal pregnancy outcome (group ENM) and healthy women with normal pregnancy outcome (group C).

 

MATERIALS AND METHODS: We identified WWE under group EM (n = 43) and group ENM (n = 22) from the Kerala Registry of Epilepsy and Pregnancy (KREP). Group C was constituted of healthy volunteers (N = 20). Oxidative stress was assessed by estimating serum levels of malondialdehyde (MDA) and isoprostane (ISP). The antioxidant profile was evaluated as activity of superoxide dismutase (SOD), glutathione reductase (GR), catalase (CAT), total antioxidant status (TAO), and glutathione (GSH) content.

 

RESULTS: The MDA and ISP levels for group EM (3.46 + 0.82 and 17.77 + 3.0) were higher than that of group ENM (3.07 + 1.02 and 14.0 + 5.3), and both were significantly higher than that of group C (2.42 + 0.51 and 10.77 + 4.1). Their levels of SOD (146.82 + 42.64 vs. 175.81 + 42.61) and GSH (0.98 + 0.98 vs. 1.55 + 1.3) were significantly lower than those of controls. No significant changes were seen in TAO and GR. WWE on polytherapy showed significant increase in MDA when compared to monotherapy group.

 

CONCLUSION: WWE (group EM and ENM) had higher oxidative stress and reduced antioxidant activity. The subgroup of WWE with unfavorable pregnancy outcome (group EM) had higher oxidative stress. Excess oxidative stress can be a final common pathway, by which AEDs exert teratogenic effects.

 

脈絡:酸化ストレスは、AEDによって誘発された奇形発生のための最終共通路でありえる。
目的:正常妊娠結果(群C)で正常妊娠結果(群ENM)と健常な女性とWWEのそれで女性の酸化ストレスを癲癇(WWE)と好適でない妊娠結果(胎児の形成異常または自然流産 ― 群EM)と比較すること。
材料と方法:我々は、癲癇と妊娠(KREP)のケララ・レジストリから、群EM(n = 43)と群ENM(n = 22)の下でWWEを確認した。
群Cは、健常ボランティア(N = 20)から成った。
酸化ストレスは、マロンジアルデヒド(MDA)とイソプロ石(ISP)の血清レベルを推定することによって評価された。
抗酸化剤プロフィールは、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)、グルタチオン還元酵素(GR)、カタラーゼ(CAT)、完全な抗酸化剤ステータス(TAO)とグルタチオン(GSH)含有量の活動として評価された。
結果群EM(3.46 + 0.82と17.77 + 3.0)のためのMDAとISPレベルは群ENM(3.07 + 1.02と14.0 + 5.3)のそれより高かった、そして、両方とも群C(2.42 + 0.51と10.77 + 4.1)のそれより有意に高かった。
SOD(146.82 + 42.64対175.81 + 42.61)とGSH(0.98 + 0.98対1.55 + 1.3)のそれらのレベルは、対照のそれらより有意に低かった。
有意な変化は、TAOとGRで見られなかった。
単独療法群と比較されるとき、ポリ治療でのWWEはMDAの有意の増加を示した。
結論WWE(群EMとENM)には、より高度な酸化ストレスがあって、抗酸化剤活性を減らした。
好適でない妊娠結果(群EM)によるWWEのサブグループには、より高度な酸化ストレスがあった。
過剰な酸化ストレスは、最終共通路(AEDは催奇形作用を振るう)でありえる。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x