医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Epidemiology, microbiology and mortality associated with community-acquired bacteremia in northeast Thailand: a multicenter surveillance study.

疫学、細菌学と死亡率は、市中感染性菌血症と北東のタイを協同してやった:マルチセンター調査検査。

Published date

2013-01-18

Author

Manas Kanoksil, Anchalee Jatapai, Sharon J Peacock, Direk Limmathurotsakul

Affiliation

Department of Pediatrics, Sappasithiprasong Hospital, Ubon Ratchathani, Thailand.

Abstract

BACKGROUND: National statistics in developing countries are likely to underestimate deaths due to bacterial infections. Here, we calculated mortality associated with community-acquired bacteremia (CAB) in a developing country using routinely available databases.

 

METHODS/PRINCIPAL FINDINGS: Information was obtained from the microbiology and hospital database of 10 provincial hospitals in northeast Thailand, and compared with the national death registry from the Ministry of Interior, Thailand for the period between 2004 and 2010. CAB was defined in patients who had pathogenic organisms isolated from blood taken within 2 days of hospital admission without a prior inpatient episode in the preceding 30 days. A total of 15,251 CAB patients identified, of which 5,722 (37.5%) died within 30 days of admission. The incidence rate of CAB between 2004 and 2010 increased from 16.7 to 38.1 per 100,000 people per year, and the mortality rate associated with CAB increased from 6.9 to 13.7 per 100,000 people per year. In 2010, the mortality rate associated with CAB was lower than that from respiratory tract infection, but higher than HIV disease or tuberculosis. The most common causes of CAB were Escherichia coli (23.1%), Burkholderia pseudomallei (19.3%), and Staphylococcus aureus (8.2%). There was an increase in the proportion of Extended-Spectrum Beta-Lactamases (ESBL) producing E. coli and Klebsiella pneumoniae over time.

 

CONCLUSIONS: This study has demonstrated that national statistics on causes of death in developing countries could be improved by integrating information from readily available databases. CAB is neglected as an important cause of death, and specific prevention and intervention is urgently required to reduce its incidence and mortality.

 

背景発展途上国の国家統計は、細菌感染症により死亡を過小評価しそうである。
ここでは、我々は、通常利用できるデータベースを使用している発展途上国で、市中感染性菌血症(CAB)と関連した死亡率を算出した。


方法/主体所見:情報は、北東のタイで、そして、内部(2004~2010年の期間の間のタイ)省からの国家死亡レジストリと比較して10の地方の病院の細菌学と病院データベースから得られた。
CABは、病原菌を前30日で先の入院患者発症なしで2日の入院の範囲内でとられる血液から分離しておいた患者で定義された。
合計15,251例のCAB患者が同定されて。
それについて、5,722(37.5%)は30日の入院の範囲内で死亡した。
2004~2010年のCABの出現率は1年につき100,000人当たり16.7から38.1まで増加した、そして、CABと関連した死亡率は1年につき100,000人当たり6.9から13.7まで増加した。
2010年に、CABと関連した死亡率は、気道感染症からのそれより低かったが、HIV疾患または結核より高かった。
CABで最も頻度が高い原因は、大腸菌(23.1%)、類鼻疽菌(19.3%)と黄色ブドウ球菌(8.2%)であった。
時間とともに大腸菌と肺炎桿菌を生産している拡張したスペクトル・ベータラクタマーゼ(ESBL)の比率の増加が、あった。


結論:本研究は、発展途上国の死因に関する国家統計が直ちに利用できるデータベースから情報を集積することによって改善されることができたことを証明した。
CABは重要な死因として怠られる、そして、特定の予防と介入はその発生率と死亡率を低下させるために緊急に必要である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x