医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Cryopreservation in trehalose preserves functional capacity of murine spermatogonial stem cells.

Published date 2013 Jan 22

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

Cryopreservation in trehalose preserves functional capacity of murine spermatogonial stem cells.

トレハロースの凍結保存は、ネズミ精原幹細胞の運動耐容能を保つ。

Published date

2013-01-22

Author

Yong-An Lee, Yong-Hee Kim, Bang-Jin Kim, Byung-Gak Kim, Ki-Jung Kim, Joong-Hyuck Auh, Jonathan A Schmidt, Buom-Yong Ryu

Affiliation

Department of Animal Science and Technology, Chung-Ang University, Ansung, Gyeonggi-Do, Korea.

Abstract

Development of techniques to isolate, culture, and transplant human spermatogonial stem cells (SSCs) has the future potential to treat male infertility. To maximize the efficiency of these techniques, methods for SSC cryopreservation need to be developed to bank SSCs for extended periods of time. Although, it has been demonstrated that SSCs can reinitiate spermatogenesis after freezing, optimal cryopreservation protocols that maximize SSC proliferative capacity post-thaw have not been identified. The objective of this study was to develop an efficient cryopreservation technique for preservation of SSCs. To identify efficient cryopreservation methods for long-term preservation of SSCs, isolated testis cells enriched for SSCs were placed in medium containing dimethyl sulfoxide (DMSO) or DMSO and trehalose (50 mM, 100 mM, or 200 mM), and frozen in liquid nitrogen for 1 week, 1 month, or 3 months. Freezing in 50 mM trehalose resulted in significantly higher cell viability compared to DMSO at all thawing times and a higher proliferation rate compared to DMSO for the 1 week freezing period. Freezing in 200 mM trehalose did not result in increased cell viability; however, proliferation activity was significantly higher and percentage of apoptotic cells was significantly lower compared to DMSO after freezing for 1 and 3 months. To confirm the functionality of SSCs frozen in 200 mM trehalose, SSC transplantation was performed. Donor SSCs formed spermatogenic colonies and sperm capable of generating normal progeny. Collectively, these results indicate that freezing in DMSO with 200 mM trehalose serves as an efficient method for the cryopreservation of SSCs.

 

ヒトの精原幹細胞(SSCs)を分離して、培養して、移植する技術の開発には、男性不妊を治療する将来の可能性がある。
これらの技術の効率を最大にするために、SSC凍結保存のための方法は、長期間の間SSCsを傾けるために開発される必要がある。
しかし、SSC増殖能ポスト解凍を最大にする冷たい、最適凍結保存プロトコルが同定されなかったあと、SSCsが精子形成を再開始することができることが証明された。
本研究の目的は、SSCsの保存の効率的な凍結保存テクニックを開発することであった。
SSCsの長期の保存のための効率的な凍結保存方法を同定するために、SSCsのために豊かにされる孤立した精巣細胞は、媒体含有ジメチルスルホキシド(DMSO)またはDMSOとトレハロースに(50mM、100mMまたは200mM)置かれて、1週、1ヵ月または3ヵ月の間液体窒素で凍った。
50mMのトレハロースを凍結させることは、1週間の冷たい間の間DMSOと比較して時間とより高い増殖率を解凍しているDMSOと比較して、有意により高い細胞生存度に帰着した。
200mMのトレハロースを凍結させることは、増加した細胞生存度に帰着しなかった;しかしながら、増殖活動は有意により高かった、そして、アポトーシスの細胞のパーセンテージは1と3ヵ月の間凍った後にDMSOと比較して有意により低かった。
200mMのトレハロースで凍るSSCsの機能を確認するために、SSC移植は施行された。
移植用提供SSCsは、正常な後継者を生成することができる精子形成コロニーと精液を形成した。
集合的に、これらの結果は、200mMのトレハロースでDMSOを凍結させることがSSCsの凍結保存のための効率的な方法として役に立つことを示す。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x