医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

A case-control study of transjugular intrahepatic portosystemic stent shunts for patients admitted to intensive care following variceal bleeding.

経頚静脈的肝内門脈体静脈ステントの症例対照研究は、静脈瘤の出血の後、集中治療に入院する患者のために短絡する。

Published date

Author

Chris Corbett, Nick Murphy, Simon Olliff, Kamarjit S Mangat, Dhiraj Tripathi

Affiliation

aLiver Unit Departments of bAnaesthetics cRadiology, Queen Elizabeth Hospital dCentre for Liver Research and NIHR Liver Biomedical Research Unit, University of Birmingham, Birmingham, UK.

Abstract

INTRODUCTION: Variceal bleeding has a 6-week mortality of 20%. Recent evidence suggests that early covered transjugular intrahepatic portosystemic stent shunts (TIPSS) can improve outcomes following a variceal bleed in selected patients. We aim to assess the outcomes following the insertion of covered TIPSS in a real-life intensive care setting.

 

MATERIALS AND METHODS: This is a retrospective matched cohort study of all patients referred for TIPSS with variceal bleeding admitted to intensive care (2007-2009). Patients were matched with others admitted to intensive therapy unit following a variceal bleed but did not proceed to TIPSS. All TIPSS procedures were carried out using polytetrafluoroethylene-covered stents.

 

RESULTS: Thirty-eight patients [mean age 55.2 years; mean model for end-stage liver disease (MELD)=14.0; and median follow-up 458 days] were assessed. Nineteen underwent TIPSS and were well matched to the controls. All patients received terlipressin and antibiotics and 86% had active bleeding at endoscopy. Indication for TIPSS was salvage therapy (47%), rebleeding after day 5 (11%) and as secondary prophylaxis (42%). There was 34% all-cause inpatient mortality. The TIPSS group had lower mortality than the non-TIPSS group at 6 weeks (10.5 vs. 47.4%, P<0.05) that persisted at 1 year (21.1 vs. 52.6%, P<0.05). Multivariate analysis indicated MELD [HR 1.131, 95% confidence interval (CI) 1.018-1.257] and TIPSS (HR 0.301, 95% CI 0.091-0.995) as significant predictors of mortality (P<0.05). TIPSS was found to significantly reduce the incidence of failure to control bleeding and rebleeding (HR 0.120, 95% CI 0.015-0.978, P<0.05).

 

CONCLUSION: Patients with recent severe variceal bleeding admitted to intensive care have significantly better outcomes following covered TIPSS insertion. These findings should be validated in randomized-controlled trials.

 

序論静脈瘤の出血は、20%の6週間の死亡率を持つ。
最近の証拠は、早めのおおわれた経頚静脈的肝内門脈体静脈ステントが短絡する(TIPSS)ことを示唆するは選択された患者における静脈瘤の裁切り後の結果を改善できる。
我々は、おおわれたTIPSSの現実の集中治療設定への挿入の後、結果を評価することを意図する。
材料と方法:これは、集中治療(2007-2009)に入れられる静脈瘤の出血でTIPSSのために紹介されるすべての患者のコホート研究に合うものを見つけられる回顧展である。
患者は静脈瘤の裁切りの後、集中的治療装置に入るのを許可される他の人と適合したが、TIPSSへ前進しなかった。
すべてのTIPSS処置は、ポリテトラフルオロエチレンでおおわれたステントを使用して行われた。
結果38例の患者[55.2歳平均年齢;末期肝疾患(MELD)=14.0の平均モデル;そして、458日の追跡期間中央値]、評価された。
19例はTIPSSを受けて、対照に適合度が高かった。
すべての患者はテルリプレシンと抗生物質を投与された、そして、86%は内視鏡検査で自発的出血があった。
TIPSSのための徴候は、サルベージ治療(47%)(5日目(11%)後の、そして、第2の予防(42%)としての再出血)であった。
34%両者-原因入院患者死亡率が、あった。
TIPSS群は、1年(21.1対52.6%、P < 0.05)に持続した6週(10.5対47.4%、P < 0.05)の非TIPSS群より低い死亡率を持った。
多変量解析は、死亡率(P < 0.05)の有意の予測手段として、得点の宣言[HR 1.131、95%信頼区間(CI)1.018-1.257]とTIPSS(HR 0.301、95%CI 0.091-0.995)を示した。
TIPSSが、出血と再出血(HR 0.120、95%CI 0.015-0.978、P < 0.05)を制御することの不履行の発生率を有意に低下させるとわかった。
結論集中治療に入れられる最近の重篤な静脈瘤の出血患者には、おおわれたTIPSS挿入の後、有意により良好な結果がある。
これらの所見は、無作為比較試験で確認されなければならない。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x