医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

Semen quality of fertile Japanese men: a cross-sectional population-based study of 792 men.

Published date 2013 Jan 25

Semen quality of fertile Japanese men: a cross-sectional population-based study of 792 men.

妊娠可能な日本の男性の精液質:792人の男性の断面人口に基づいた研究。

Published date

2013-01-25

Author

Teruaki Iwamoto, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Mikio Namiki, Eitetsu Koh, Jiro Kanaya, Akihiko Okuyama, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Taiji Tsukamoto, Naoki Itoh, Makiko Naka Mieno, Matti Vierula, Jorma Toppari, Niels E Skakkebæk, Niels Jørgensen

Affiliation

Department of Urology, St Marianna University School of Medicine, Kawasaki, Japan.

Abstract

OBJECTIVES: To establish a base line for future studies on temporal trends, to describe potential geographical differences in semen quality and reference values for studies of men from the general population.

 

DESIGN: Cross-sectional study of fertile men from four areas in Japan. Inclusion criteria were: age 20-45 years at the time of invitation, and both the man and his mother had to be born in Japan. Additionally, the current pregnancy of the female partner had to be achieved by normal sexual relations without any fertility treatment.

 

SETTING: Four Japanese study centres at urban areas located in Sapporo, Osaka, Kanazawa and Fukuoka.

 

PARTICIPANTS: 792 men, median age 31.4 years, included from 1999 to 2002.

 

OUTCOME MEASURES: Semen volume, sperm concentration, total sperm count, sperm motility and sperm morphology.

 

RESULTS: Semen volumes, percentages of motile spermatozoa and morphologically normal spermatozoa differed slightly between the four groups, whereas no differences in sperm concentrations or total sperm counts were found. In total, 1.2% of men had a sperm concentration below 5 million/ml, 2.1% below 10 million/ml, 3.5% below 15 million/ml and 16.3% below 40 million/ml. For morphology, 14.7% had less than 5% normal spermatozoa. Reproductive hormone levels varied significantly, however, only little from a biological point of view.

 

CONCLUSIONS: This is the first cross-sectional study on semen quality covering fertile men from the major regions of Japan. It showed that semen quality of fertile Japanese men is comparable to that of the best in European regions. The results may serve as reference values for studies of men from the general population.

 

目的一般集団から男性の研究のために精液質と基準値の潜在的地理的違いを述べるために、将来のためにベースラインを確立することは、経時的傾向に関して研究する。
デザイン日本の4つの領域からの妊娠可能な男性の断面調査。
包含基準は以下の通りであった:招待時に20-45年に経年処理を行う、そして、男性と彼の母は日本で生まれなければならなかった。
その上、女性パートナーの現在の妊娠は、どんな不妊治療なしででも正常な性的な関係によって成し遂げられなければならなかった。
施設4人の日本人は、札幌、大阪、金沢と福岡にある市街化区域で、中心を研究する。
参加者792人の男性、31.4年の年齢の中央値、(1999年から2002年まで含まれる)。
転帰尺度:精液量、精子濃度、総精子数測定値、精子運動率と精子形態。
結果精液量、運動型精子のパーセンテージと形態学的に正常な精子は4つの群の間にわずかに異なったが、精子濃度または総精子数測定値の違いは見つからなかった。
全体で、男性の1.2%は、500万/ml以下の精子濃度、1000万/ml以下の2.1%、1500万/ml以下の3.5%と4000万/ml以下の16.3%を持った。
形態のために、14.7%は、5%未満の正常な精子を持っていた。
しかしながら、生殖のホルモン・レベルは、有意に生物学的観点からほとんどそれるだけでなかった。
結論:これは、妊娠可能な男性を日本の主要領域から守っている精液質に関する第1の断面調査である。
それは、妊娠可能な日本の男性の精液質がヨーロッパの地方で最高のそれと同等であることを示した。
結果は、一般集団からの男性の研究のための基準値として用いられる可能性がある。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x