医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Validity of the coding for intensive care admission, mechanical ventilation, and acute dialysis in the Danish National Patient Registry: a short report.

デンマークのナショナルPatientレジストリの集中治療入院、機械的人工換気と急性透析のためのコーディングの有効性:短い報告。

Published date

2013-01-11

Author

Linea Blichert-Hansen, Malene S Nielsson, Rikke B Nielsen, Christian F Christiansen, Mette Nørgaard

Affiliation

Department of Clinical Epidemiology, Aarhus University Hospital, Denmark.

Abstract

BACKGROUND: Large health care databases provide a cost-effective data source for observational research in the intensive care unit (ICU) if the coding is valid. The aim of this study was to investigate the accuracy of the recorded coding of ICU admission, mechanical ventilation, and acute dialysis in the population-based Danish National Patient Registry (DNPR).

 

METHODS: We conducted the study in the North Denmark Region, including seven ICUs. From the DNPR we selected a total of 150 patients with an ICU admission by the following criteria: (1) 50 patients randomly selected among all patients registered with an ICU admission code, (2) 50 patients with an ICU admission code and a concomitant code for mechanical ventilation, and (3) 50 patients with an ICU admission code and a concomitant code for acute dialysis. Using the medical records as gold standard we estimated the positive predictive value (PPV) for each of the three procedure codes.

 

RESULTS: We located 147 (98%) of the 150 medical records. Of these 147 patients, 141 (95.9%; 95% confidence interval [CI]: 91.8-98.3) had a confirmed ICU admission according to their medical records. Among patients, who were selected only on the coding for ICU admission, the PPV for ICU admission was 87.2% (95% CI: 75.6-94.5). For the mechanical ventilation code, the PPV was 100% (95% CI: 95.1-100). Forty-nine of 50 patients with the coding for acute dialysis received this treatment, corresponding to a PPV of 98.0% (95% CI: 91.0-99.8).

 

CONCLUSION: We found a high PPV for the coding of ICU admission and even higher PPVs for mechanical ventilation, and acute dialysis in the DNPR. The DNPR is a valuable data source for observational studies of ICU patients.

 

背景コーディングが有効である場合、大きい健康管理データベースは費用効果的なデータ・ソースを集中治療室(ICU)の観察的な研究に提供する。
本研究の目的は、人口に基づいたデンマークの国立Patient Registry(DNPR)でICU入院、機械的人工換気と急性透析の記録されたコーディングの精度を調査することであった。
方法我々は、北デンマーク地方(7つのICUを含む)で、本研究を実施した。
DNPRから、我々はICU入院を有する合計150例の患者を以下の基準によって選択した: (1) すべての患者の間でランダムに選択される50例の患者は、ICU入院コード、(2) ICU入院コードを有する50例の患者と機械的人工換気のための付随する規約と(3) ICU入院コードを有する50例の患者と急性透析のための付随する規約に名前を登録した。
金の標準としての医療記録を使用して、我々は3つの処置コードの各々のために、陽性適中率(PPV)を推定した。
結果我々は、150の医療記録のうちの147(98%)を位置づけた。
これらの147例の患者の、141(95.9%;95%信頼区間[CI]: 91.8-98.3) それらの医療記録によって確立されたICU入院をした。
患者(その人は、ICU入院のためにコーディングに関してだけ選択された)の間で、ICU入院のためのPPVは、87.2%であった(95%CI:75.6-94.5)。
機械的人工換気コードについては、PPVは100%であった(95%CI:95.1-100)。
急性透析のためのコーディングを有する50例の患者のうちの49例はこの治療を受けた。
そして、98.0%のPPVに対応した、(95%CI:91.0-99.8)。
結論我々は、ICU入院と機械的人工換気のためのさらにより高いPPVsのコーディングとDNPRの急性透析のために高いPPVを見つけた。
DNPRは、ICU患者の観察研究のための有益なデータ・ソースである。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x