医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Validity and reliability of the Alzheimer's Disease Cooperative Study-Clinical Global Impression of Change. The Alzheimer's Disease Cooperative Study.

Alzheimer病の有効性と信頼性は、協力研究Clinical Global Impression of Changeを病気にかからせる。アルツハイマー病協同組合検査。

Published date

Journal

Alzheimer Dis Assoc Disord. 1997; 11 Suppl 2; S22-32;

Author

L S Schneider, J T Olin, R S Doody, C M Clark, J C Morris, B Reisberg, F A Schmitt, M Grundman, R G Thomas, S H Ferris

Affiliation

Department of Psychiatry, School of Medicine, University of Southern California, Los Angeles 90033, USA.

Abstract

This article reports the development and psychometric properties of the Alzheimer's Disease Cooperative Study-Clinical Global Impression of Change (ADCS-CGIC). At present, a number of unvalidated CGIC scales are used in clinical trials, with various methods for making ratings. The ADCS-CGIC was designed on the basis of a survey of ADCS clinicians and by adapting existing instruments. It includes an organized but unstructured format, with which a clinician can address clinically relevant change. The instrument's reliability and validity were assessed in a prospective trial of Alzheimer's disease (AD) and healthy subjects over a 12-month period. It showed good short-term reliability at 1 and 2 months, with 90 and 94% of AD subjects, respectively, rated as having changed not at all or only minimally. The ADCS-CGIC's face validity was demonstrated by untreated. AD subjects rated as having worsened over time at both 6 months (56% rated as having worsened) and 12 months (81% rated as having worsened), whereas only 2% of control subjects showed minimal worsening. As a measure of predictive validity, ADCS-CGIC ratings at 12 months were significantly associated with change on four severity scales. As with other measures, change ratings were sensitive to dementia severity. Moderately impaired subjects showed greater worsening than other subjects. ADCS-CGIC ratings of greater worsening were made after the informant interview, regardless of whether informants or subjects were interviewed first. The ADCS-CGIC is a valid and reliable instrument for use in clinical trials.

 

本論文では、アルツハイマー病協同組合研究Clinical Global Impression of Change(ADCS-CGIC)の発生と精神測定特性を報告する。
現時点では、評価をするさまざまな方法で、多くの非確認されたCGIC尺度が、臨床試験で使われる。
ADCS-CGICは、ADCS臨床医の調査を基礎として、そして、既存の器具を適応させることによって設計された。
それは、系統化されたが、構造化されていないフォーマット(臨床医は臨床的に関連した変化について述べることができる)を含む。
器具の信頼性と有効性は、12カ月期間の間アルツハイマー病(AD)と健常な被験者の前向き治験で評価された。
それは、全く、または、最小限だけ変化しなかったと、評価されて、それぞれAD被験者90と94%で、1と2ヵ月に、良い短期信頼性を示した。
ADCS-CGICの表面的妥当性は、無処置でデモをされた。
AD被験者は6ヵ月(悪化したと、評価される56%)と12ヵ月(悪化したと、評価される81%)に時間とともに悪化したことと評価されたが、対照被験者のわずか2%は軽微に悪化することを示した。
一定の予測的妥当性として、12ヵ月のADCS-CGIC評価は、4つの重症度尺度で変化と有意に関係していた。
他の手段と同様に、変化評価は、痴呆重症度に影響された。
中等度に能力が落ちた被験者は、他の被験者より大きく悪化することを示した。
情報提供者または被験者が最初に面談されたかどうかにかかわらず、より大きく悪化するADCS-CGIC評価は情報提供者面接の後なされた。
ADCS-CGICは、臨床試験用の有効なおよび信頼性が高い器具である。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x