医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PubMed翻訳

An evaluation of the Spuncrit infra-red analyser for measurement of haematocrit.

Published date

この論文を読んでいる方は
こちらの論文も読んでいます。

An evaluation of the Spuncrit infra-red analyser for measurement of haematocrit.

ヘマトクリット値の測定のためのSpuncritインフラ赤アナライザの評価。

Published date

Journal

Clin Lab Haematol. 1997; 19; 183-6;

Author

M S Weatherall, K M Sherry

Affiliation

Northern General Hospital Trust, Sheffield, UK.

Abstract

An open, single centre study was carried out to evaluate the accuracy of the Spuncrit (Micro Diagnostics, Bethlehem, PA, USA) infra-red analyser which can be used for near-patient testing to measure haematocrit and estimate haemoglobin concentration. The primary comparison was with the Sysmex NE1500 (Tao Medical) analyser situated in the main hospital laboratory. Secondary comparison was with the Ciba Corning 288 (Ciba Corning Diagnostics Ltd, Halstead, UK) blood gas analyser currently used for near-patient testing in the Northern General Hospital. A total of 217 samples from 50 patients was analysed. The Pearson's correlation coefficients for haematocrit and haemoglobin concentration between the Spuncrit and Sysmex NE1500 and between the Spuncrit and Ciba Corning 288 were all close, between 0.85 and 0.92. The method of Bland and Altman was used to assess agreement between the results of the Spuncrit and the Sysmex NE1500. The agreement for haematocrit was good with 2 SD of the Spuncrit results being between -5.66 and +4.42% of the measurement from the Sysmex NE1500. In conclusion, the Spuncrit haematocrit measurement agreed well with results from the central laboratory, but the estimated haemoglobin concentrations agreed less well and three reasons are discussed.

 

開いた、一回の中心の検査は、近い患者試験がヘマトクリットを測定して、ヘモグロビン濃度を推定するために使われることができるSpuncrit(マイクロDiagnostics、ベツレヘム、PA、米国)インフラ赤アナライザの正確さを評価するために行われた。
初期比較は、主病院検査室に位置しているSysmex NE1500(タオMedical)アナライザであった。
第2の比較は、血液ガス測定装置が現在北の総合病院で近い患者試験のために使用したCibaコーニング288(Cibaコーニング診断法社、ハルステッド、英国)とともにあった。
50例の患者からの合計217の検体は、分析された。
0.85と0.92の間に、SpuncritとSysmex NE1500の間の、そして、SpuncritとCibaコーニング288の間のヘマトクリットとヘモグロビン濃度のためのピアソンの相関係数の全ては、間近だった。
ブランドとオールトマンの方法は、SpuncritとSysmex NE1500の結果との一致を評価するのに用いられた。
ヘマトクリットのための合意は、Sysmex NE1500から測定の-5.66と+4.42%の間にあるSpuncrit結果の2つのSDで良かった。
結論として、Spuncritヘマトクリット測定は中央研究所からよく結果に同意した、しかし、推定されたヘモグロビン濃度はよりよく同意しなかった、そして、3つの理由は検討される。


460万語の専門辞書を備えた医療者専用翻訳サービス QLifePro医療翻訳
x